ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

NIGHT RANGER「MIDNIGHT MADNESS」(1983年)アルバム・レビュー【Collection#39】

HR/HMに区分されることもありますが、ヘッドバンキングしないで楽しむバンドの2ndアルバム


目次 

 

こんな方におすすめ

・メロディアスなアメリカンハードロックバンドが好きな方
・80年代のポップロックよりも少しヘヴィなサウンドが好みの方
・憧れのギターテクニック(8フィンガー)を聴いてみたい方
・ロックバンドの楽曲をじっくりと聴いてみたい方

 

広告

 

 

NIGHT RANGER(ナイト レンジャー)について

1982年、1stアルバム「Dawn Patrol」でデビュー。
シングル「Don't Tell Me You Love Me(炎の彼方)」のヒット曲を生む。

1983年、2ndアルバム「MIDNIGHT MADNESS」を発表。
これが今回、紹介するアルバムである。


当時の NIGHT RANGER(ナイト レンジャー)のメンバー
Ba&Vo:Jack Blades(ジャック・ブレイズ)
Ds&Vo:Kelly Keagy(ケリー・キージー)
G:Brad Gillis (ブラッド・ギルス)
G:Jeff Watson(ジェフ・ワトソン)
Key:Alan "Fitz" Gerald(アラン ”フィッツ” ジェラルド )

なんと・・・
リードボーカルのクレジットを見ると2名もいます!
しかもベースとドラム担当です!!
当時は起用な人たちの集まりなのか? と思っていましたね。

そして2名のギタリスト
 
Brad Gillis (ブラッド・ギルス)

主に赤いストラトキャスター(改造モデル)にアームが付いたギターを使用。
フロイド・ローズ(ロック式トレモロ・ユニットの一種)の申し子の如く、アームを多用した演奏が魅力

Jeff Watson(ジェフ・ワトソン)

レスポールタイプのギターを使用し、速弾きやタッピング奏法が魅力。
エイトフィンガー奏法は当時のギターキッズの憧れでした!?


ギタリストのキャラクターは異なりますが、当時のアメリカにおけるハードロック/ヘヴィメタル、LAメタルとかの時流に、うまくマッチしていたこともあって・・・。

ギターキッズたちも演奏を真似してみたこと、あるんじゃないでしょうか?

アーム使って・・・アームアップで弦切ったり・・・。「あっ!」って・・。

また、エディ・ヴァンヘイレンのタッピング練習したり、やジェフ・ワトソンのエイトフィンガー練習したり、、、とか・・・

そういえば、高校時代の友人で、エイトフィンガーやってたギタリストがいました!!

まぁ、私はどちらの演奏方法もできません。


2ndアルバム「MIDNIGHT MADNESS」からもシングルヒットが生まれます!

3rdシングル「(You Can Still)Rock In America」、
4thシングル「Sister Christian」、
5thシングル「Why Does Love Have To Change」

特に「Sister Christian」は大ヒットしたバラードです!

1985年、3rdアルバム「7 WISHES」を発表。

1987年、4thアルバム「BIG LIFE」を発表。
マイケル・J・フォックス主演映画「摩天楼はバラ色に」の主題歌「The Secret Of My Success」も収録されています。


キーボードのAlan "Fitz" Gerald(アラン ”フィッツ” ジェラルド )が脱退する。
レコーディングには複数のキーボードプレイヤーを招き、作品しアルバム完成。

1988年、5thアルバム「MAN IN MOTION」を発表。

しかし・・・・。
ボーカル&ベース担当のJack Blades(ジャック・ブレイズ)も脱退表明。

NIGHT RANGER(ナイトレンジャー)は活動停止となる。。。


Jack Blades(ジャック・ブレイズ)はその後、DAMN YANKEES というバンドにて90年代活躍。

当のNIGHT RANGER(ナイトレンジャー)は・・・。

1996年にオリジナルメンバーにて復活!!

来日公演まで実現しちゃったりして・・・
その後も、メンバーチェンジもありながら・・・活動は続いている。


NIGHT RANGER(ナイト レンジャー)の音楽性

アメリカン・ハードロックバンド。
メロディアス/ポップな面とハードな演奏力を兼ね備えた音楽性とでもいうのでしょうか?
個人的には・・・ヘヴィメタル/ハードロックの区分に入れてはいけないバンド。
まぁ、、ギターヒーローもいるので・・どうなんだろう?

それと、ジャンルや区分はあまり関係なく音楽聴いてきたので・・・。
聴いてみたいアーティスト探し(特にお店とか・・)のひとつの目安的なもんだと思ってもいるのですが・・・紹介する時にはどうしても、良く言われているジャンルとか使ってしまうけどね(笑)

アメリカンハードロックっていうくらいなので、サウンドはカラっとしている印象。
バラード曲のメロディもそんなに湿っぽくなく、ちょっと明るく感じる。

太陽の日差しを受けながら、聴きたいアルバム! とでも言うのでしょうか?
個人的には、太陽の日差しが眩しい、夏の午前中に海を目指してドライブしているときに聴きたい!


TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★★☆
イージーリスニング評価       :★★☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★☆☆

アーティストルックス        :★★★☆☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

 

収録曲へのコメント

1.(YOU CAN STILL)ROCK IN AMERICA

1曲目から最高のロックサウンドを聴かせてくれます!
ノリの良い楽曲で好きな曲です。シングルとしてもリリースされています。
夏の午前中にドライブしながら聴きたい曲です!

2.RUMOURS IN THE AIR

ゆったりと彼らの演奏を聴きましょう。
今聴くと、、最初と最後のキーボードの音色やフレーズは・・2000年以降になってから、誰かの曲で聴いたような・・・!? 気のせい?


3.WHY DOES LOVE HAVE TO CHANGE

少しワイルドなギターから始まります。演奏を楽しんでもいいでしょう。
とは言っても綺麗な曲が続きます。ギターソロは聴いていてもワクワクしますね。 

4.SISTER CHRISTIAN

綺麗なピアノから始まる名曲。バラード曲でも決して湿っぽくない仕上がり。
いつ聴いてもいい曲と思うほど、好き。
 

5.TOUCH OF MADNESS

ミドルテンポのロックナンバー。ロック色が強い仕上がりです。

 

6.PASSION PLAY

メロディが綺麗なロックナンバー。

 

7.WHEN YOU CLOSE YOUR EYES

メロディが綺麗なロックナンバー。ギターフレーズも美しい。そしてキーボードの音色が曲を引き立てます。好きな曲。なぜか晴れた午前中に聴きたい曲。この曲は曇ってても気持ちいいかもしれませんが、、、。


8.CHIPPIN' AWAY

キーボードもギターもイントロが印象的な曲。メロディはやはりキャッチーな面もあるが、どちらかというとじっくり聴きたい曲


9.LET HIM RUN

奥行きのあるサウンドキーボードのイントロから歌が始まり・・・。アコースティックギターも眠りを誘います。落ち着いた楽曲に仕上がっています。ラスト曲を聴きながら・・・静かに眠りにつきたいです。でも昼寝です・・・。

 

 

 

アルバムにまつわるTOMOZY(トモジー)の個人的な想い出

元々、NIGHT RANGER(ナイト レンジャー)を知ったのはハードロック・ヘヴィメタル専門誌の 「BURRN! 」なんだけどね。。当時はこういう音楽のバンドもハードロック・ヘヴィメタルバンドなんだ!?と思ったものです。。。

たしかにサウンド的には・・・そういう面を持ってますしね。
また、バラード曲のヒットも多いので、ソフトロック的なバラードバンドとも違うしね。

この「MIDNIGHT MADNESS」ってアルバムが最初にNIGHT RANGERを聴いたアルバムでした。
なんで綺麗な曲を作るんだろうと思ったのが最初の印象です。
ウォークマンでオムニバス形式で好きな曲を入れて聴いてましたね。

特に夏!、高校時代には通学時のおともとして、

(YOU CAN STILL)ROCK IN AMERICA、
WHEN YOU CLOSE YOUR EYES、
SISTER CHRISTIAN

って、全部シングルになっとるやつじゃん!!
というくらいミーハーな私でした。

あとがき

つい最近、Webで知ったんですが、2019年に1st&2ndアルバム中心にしたセットリストで来日公演やったんですね・・・・。メンバーは当時のラインナップではないけど。。。観てみたかった と。

今のNIGHT RANGERメンバーの中にギタリスト・・Keri Kelli の名が・・・。
Big Bang Babies ってグラマラスなロックバンドにいたっけな?
その後、こちらもグラマラスなロックバンド、Pretty Boy Floyd の再結成後・・在籍してたっけな・・・。なぜ?NIGHT RANGER のメンバーに???

 

広告

 

 



 

これからも自身の音楽コレクションを中心に「コレ 懐かしい!」、「コレ いいじゃん!」と思うものを紹介していきます。少しでも楽しめたり、他にも興味が沸いたり、今後も(たまには)立ち寄ってもいいと思われたら、「読者になる」ボタンを押していただけると幸いです。これからの励みにもなりますので、応援よろしくお願い申し上げます!