ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

STEVE HARLEY and COCKNEY REBEL「THE BEST YEARS OF OUR LIVES」(1975年)アルバム・レビュー【Collection#62】

大道芸で培った、シアトリカルな悲喜劇を唄う寓話ソングを散りばめたアルバムでデビューするも、メンバーとの確執が生まれたバンド。ヴォーカルのソロプロジェクト化してしまった3rdアルバムは、STEVE HARLEY and COCKNEY REBEL名義での発表となった!
  

こんな方におすすめ

・大道芸の奏でる音楽って素敵だと思う方
・モダンな感じのする70年代の音楽に興味がある方
・グラム衰退期にデビューしたモダン系の第二世代に興味がある方
・グリッターロックは苦手だが、グラムっぽい当時の雰囲気が好きな方
・ブリティッシュロック/ポップスの淡い誘惑に魅かれる方

 

広告  

目次

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★☆☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :★★☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★☆☆

アーティストルックス        :★★★★☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

試聴コーナー 

今回の視聴はデラックス版という事もあり、Ver違いやLIVE収録などのボーナスあり!

 

収録曲へのコメント (※印はボーナストラック)

1.INTRODUCING "THE BEST YEARS"

SEです! 最初は音がなかなか聴こえません! 最後の方でちょっと演奏、歌ありますが、すぐに2曲目に進みます!

2.THE MAD MAD MOONLIGHT

結構、ギターの音も入ります(音は割れ気味ですけど)。しかし、楽曲的にはこれまでのCOCKNEY REBELと変わらず、楽しめるものになっています。この曲は明るめの感じです。

3.MR.RAFFLES

ほんわかしています。でもたまに暗い表情になります。そして大道芸的に楽し気な感じも見せる魅力的な曲です。シングルカットもされましたが、全英シングルチャート13位が最高位です。

4.IT WASN'T ME

最初から最後まで、少し頼りない感じで歌うSTEVE HARLEY(スティーヴ・ハーレー)がとても印象的なちょっと退屈に感じるかもしれない曲です。

5.PANORAMA

明るいホンキートンク的な楽曲。管楽器もいい感じで入ってくるので楽しめます。サビはキャッチーで女性コーラスも入り盛り上げてくれます。肩の力を抜いて楽しみましょう。

6.MAKE ME SMILE(Come Up and See Me)

シングルとして全英シングルチャート1位を獲得しています!明るい感じでテンポも速くも遅くもなく、楽しい楽曲です。歌詞の内容は、自分を見捨てた昔のメンバーへの報復を唄ったものだとSTEVE HARLEY(スティーヴ・ハーレー)は後日談で語っています。サビの部分は聴いたことがある人も多いのでは?

7.BACK TO THE FARM

シアトリカルな雰囲気たっぷりに歌い上げます!息遣いも聴こえてきます! 目を閉じて、勝手に舞台劇の雰囲気を想像してみましょう。コーラスも脇役キャストとして見立てて舞台で繰り広げられる演劇を勝手に堪能しましょう。

8.49th PARALLEL

見事に右と左で活躍する音色を堪能しましょう。ヴォーカルよりもそっちが気になる曲です。ラストのピアノはセンターで入ってきますが、暴れてくれます!

9.THE BEST YEARS OF OUR LIVES

サイレンのなるイントロ、どんな感じの曲になるのか!?と思いきや、結構バラード的な曲でした。ノスタルジックな雰囲気を醸し出すSTEVE HARLEY(スティーヴ・ハーレー)の歌を堪能しましょう。 

10.ANOTHER JOURNEY

ちょっと悲しく聴こえるSTEVE HARLEY(スティーヴ・ハーレー)の歌とコーラスが堪能できます。


11.SEBASTIAN(LIVE)

ライブでのSEBASTIANも やはり悲しい・・・。ラストは悲しいを通り越して、発狂じみていきます。演奏も聴き応えたっぷりですが、この曲がSEBASTIANということを忘れてしまいます。1stアルバム「THE HUMAN MENAGERIE(美しき野獣の群れ)」に収録され、シングルにもなっています。

  

 

 

COCKNEY REBEL(コックニー・レベル)のバンドや音楽性についてはこちらから

www.tomo-zy.com

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

はじめて、このアルバムを聴いた時、6曲目のMAKE ME SMILE(Come Up and See Me)のサビは、ラジオで聴いたことがある! と思いました。シングルになっているので、ラジオで聞いたことが合ってもおかしくないのですが、この曲はこのバンド(ソロプロジェクト)の曲だったのか!  と・・・。

衝撃的には1stアルバムの「THE HUMAN MENAGERIE(美しき野獣の群れ)」の方が強かったですが、やはり、6曲目のMAKE ME SMILE(Come Up and See Me)は好きな曲なので、このCDもまだ、手放せない・・・。 と、改めて思いました。

 

広告 

 

あとがき

COCKNEY REBELというか、STEVE HARLEYというか、まだ聴いたことのないアルバムも多いので、聴きたいと思いました。ん~、そろそろ聴き放題のサブスクリプションサービスに加入してみようか!? とも思う今日この頃です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。
引き続き、CDコレクションからアルバム紹介、たまーに、他の「懐かしい」モノ、「いいじゃん!」と思うモノを紹介していきます。
宜しくお願い申し上げます。