ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

ROD STEWART「ATLANTIC CROSSING」(1975年)アルバム・レビュー【Collection#103】

ハスキーボイスにウルフカットのへアと言われたら、この男を思い浮かべるのは50歳以上の方々かもしれない! 英国政府によりナイト爵位が授与されたシンガー、ロッド・ステュワートの完全ソロ活動となった年に発表されたアルバム!

こんな方におすすめ

  • ハスキーボイスのボーカリストにワクワクする方
  • なぜか安心感や心地よさが味わえる楽曲に興味がある方
  • ロッドの初めてのアメリカでのレコーディングアルバムに興味がある方
  • この曲、聴いたことがある!って曲が収録されているアルバムに興味がある方
  • これから新しいチャレンジをしようと思っている方

 

 

ROD STEWART「ATLANTIC CROSSING」(1975年)

 

 

1975年、ROD STEWART(ロッド・ステュワート)にとって、新たな出発点となったアルバム。

これまで、FACES(フェイセズ)というバンドのボーカリストとして、ワーナー・ブラザーズとのレコード契約があり、ソロアーティストとしてマーキュリー・レコードとの契約があった。

レコード会社間による法廷闘争に決着がつき、ロッドはワーナー・ブラザーズに完全移籍が決定した。

そして、渡米の上、アメリカでのレコーディングを行い、制作されたアルバムである。

同年、FACES(フェイセズ)はというと、
ロッドと一緒に加入したロン・ウッドがローリング・ストーンズに参加することになる。ロッドは1975年12月に正式に脱退を表明している。
バンド、FACES(フェイセズ)は解散・・・。


そして、このアルバムリリースを機にアメリカを本拠地として音楽活動を継続することとなった・・・。

 

ROD STEWART(ロッド・ステュワート)にとって、1975年は転機となった年だったろうと思う。

 

あいさつ代わりに・・・アルバムから1曲

 I Don't Want To Talk About It (Official Video)

 この曲はロッドのコンサートで、デュエット曲として、ゲストと共に披露されることも多い楽曲。歳を重ねても、想い入れがあるんだろう・・・きっと。
 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★★☆
イージーリスニング評価       :★★★★☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

試聴コーナー (再生しながら、以降の記事をお楽しみください・・・)

 

収録曲へのコメント 

1. THREE TIME LOSER

1曲目はイカしたロックンロール。ゆったりと身体を音に委ねて楽しみましょう。ロッドのハスキーボイスもカッコいい!! サックスのソロも少し緩い感じがたまりません!

2. ALRIGHT FOR AN HOUR

ドラムの音はペコペコしていますが、ゆるーい感じがいいんです。ミドルテンポのロックンロール。何気なく、ゆったりしたい時のBGMとしてもいい感じですが、ベースフレーズも聴き応えあるし、ギターソロも楽しめますので、聴き入ってしまうかも! 

3. ALL IN THE NAME OF ROCK'N’ROLL

ピアノもノリノリのロックンロール。ロッドのボーカルもハリがあってカッコいい!こんな感じがいいんです! 好きな曲。

4. DRIFT AWAY

アメリカのブルースシンガー、Dobie Gray(ドビー・グレイ)の1973年ヒット曲カバー。実はDobie Gray(ドビー・グレイ)のバージョンは聴いたことがありません。ゆったりとしたリズムで進行する楽曲で非常に心地よい!好きな曲


5. STONE COLD SOBER

ノリがいい感じの楽曲。ハスキーボイスも冴えるロッドの歌い出しがカッコいい!好きな曲。スライドギターのギターソロも楽曲を盛り上げてくれます。好きな曲ですね。


6. I DON'T WANT TO TALK ABOUT IT

この曲からLPアルバムでいうB面ですが、このB面に収められているのはスローなナンバーばかりです。なのでA面は比較的ロックンロール! B面がスローナンバーという構成だったんです。で、この曲も美しい旋律が続く、イイ感じのスローナンバー。映像で楽しむコーナーでフルコーラスお楽しみください。

7. IT'S NOT THE SPOTLIGHT

この曲も美しい旋律とボーカルメロディが美しい曲。非常に落ち着きます。この曲も好きな曲。途中、マンドリン?のような音色がこのスローなナンバーを盛り上げてくれます!

8. THIS OLD HEART OF MINE

The Isley Brothers の1966年のヒット曲カバーです。ビートが効いていますが、哀愁あるメロディが心に響きます! サックスの音色も綺麗!

9. STILL LOVE YOU

ちょっと悲しい感じの音色はバイオリン?? リズムが少し軽快なところもありますが、やはり悲しい曲。そこがいいところ!


10. SAILING

1993年からJリーグ 浦和レッズのオフィシャルサポーターズソングとして愛されている「We are Diamonds」の原曲がこの「SAILING」!! この曲は、どこかで聴いたことがあるかもしれませんね。多くは語りません。映像で楽しむコーナーで、フルコーラスお楽しみください。好きな曲です。

 

久しぶりの「ATLANTIC CROSSING」は 秋の夜長にピッタリ!

 

 

 

ROD STEWART(ロッド・ステュワート) について

1960年代、ジミー・パウエル・アンド・ザ・ファイブ・ディメンションズ、フーチ・クーチー・メン、スティームパケット、ショットガン・エクスプレス・・・とバンドを渡り歩く・・・。

1960年代後半、ジェフ・ベック・グループのボーカルとして参加、英米でのヒットもあったが、1969年に解散。

ジェフ・ベック・グループとして、2枚のアルバムをリリースしている
1968年、アルバム「Truth」
1970年、アルバム「Beck Ola」

 

ジェフ・ベック・グループ解散後・・

ロン・ウッドとともにSMALL FACES(スモール・フェイセズ)に加入する。加入後、FACES(フェイセズ)にバンド名を変更し活動。

ソロアーティストとしてマーキュリー・レコードと契約、FACES(フェイセズ)としてワーナー・ブラザースと契約する。

1969年、ソロ1stアルバム「ロッド・スチュワート・アルバム」発売

1970年、FACES(フェイセズ)の1stアルバム「First Step」発売

 

以降、FACES(フェイセズ)で、
1971年、2ndアルバム「Longplayer」
1971年、3rdアルバム「 A nod's as good as a wink to a blind horse(馬の耳に念仏)
1973年、4thアルバム「Ooh la la」
1974年、ライブアルバム「 Coast to Coast: Overture and Beginners (ロッド・スチュワート&フェイセズ=ライヴ)」

計5枚のアルバムを発表することに結果的にはなるのだが、、、、。

途中、ロッドのソロアルバムが売れるようになると・・・・

バンド内に亀裂が生じたの言うまでもないかな?
レコード会社の方針もROD STEWART(ロッド・ステュワート)をメインとした戦略、所謂、バンド自体、ロッドのバックバンド的扱い!?

 

そして・・・
1975年、レコード会社の契約問題も解決し、渡米・・・。

80年代、90年代とコンスタントにアルバムを発表している。

1993年2月にはFACES(フェイセズ)時代の盟友ロン・ウッドと共にMTVアンプラグドに出演。
また、
1993年に映画「三銃士」のメインテーマ(「All For LOVE」)を Bryan Adams、STING とともに歌った楽曲。。。がヒット!

2000年代にはアメリカのスタンダード・ナンバーをカヴァーしたアルバムを5作発売するなど、オリジナル楽曲から離れる時期もありましたが・・・

2010年にアメリカからイギリスに戻り・・・

現在も音楽業界でシンガーとして現在も唄い続けているシンガーである。

 

ROD STEWART(ロッド・ステュワート)、ソロとして・・・

1969年、 アルバム「An Old Raincoat Won't Ever Let You Down (The Rod Stewart Album) 」
1970年、アルバム「Gasoline Alley」
1971年、アルバム「Every Picture Tells a Story」
1972年、アルバム「Never a Dull Moment 」
1974年、アルバム「Smiler (1974年)


1975年、アルバム「Atlantic Crossing」
1976年、アルバム「A Night on the Town」
1977年、アルバム「Foot loose & Fancy Free (明日へのキック・オフ )」
1978年、アルバム「Blondes Have More Fun (スーパースターはブロンドがお好き)
1980年、アルバム「Foolish Behaviour (パンドラの匣)」
1981年、アルバム「Tonight I'm Yours」 
1982年、アルバム「Absolutely Live」
1983年、アルバム「Body Wishes」
1984年、アルバム「Camouflage」
1986年、アルバム「Every Beat of My Heart」
1988年、アルバム「Out of Order」
1991年、アルバム「Vagabond Heart」
1993年、アルバム「Lead Vocalist」
1993年、アルバム「Unplugged... and Seated」
1995年、アルバム「A spanner in the Works」
1998年、アルバム「When We Were the New Boys」
2001年、アルバム「Human」

2002年、アルバム「Great American Songbook : It Had to Be You」
2003年、アルバム「Great American Songbook : Vol.2: As Time Goes By」
2004年、アルバム「Great American Songbook : Vol.3: Stardust」
2005年、アルバム「Great American Songbook : Vol.4: Thanks for the Memory」

2006年、アルバム「Still The Same... Great Rock Classics of Our Time」
2009年、アルバム「Soulbook」 (2009年)

 

2010年、アルバム「Great American Songbook : Vol.5: Fly to the Moon」

2012年、アルバム「Merry Christmas, Baby」
2013年、アルバム「Time (タイム〜時の旅人〜)」
2015年、アルバム「Another Country」
2018年、アルバム「 Blood Red Roses」

 

 

ちなみに、セールス的な記録について・・・

全英No.1アルバム10作品、TOP10アルバムは33作品
全米No.1アルバム4作品、TOP10アルバムは17作品

まさにスーパースター!
恐るべし! ROD STEWART(ロッド・ステュワート)!!

 

 


2000年以降の  ROD STEWART  を 映像でも楽しもう!

まずは、” I Don't Want To Talk About It ”  

#1
スコットランドのシンガー Amy Belle とのデュエット
2004年 コンサート  at the Albert Hall での一幕!

 

#2
アメリカのシンガー  Cyndi Lauper とのデュエット
2017年 ツアーの スペシャルゲスト Cyndi Lauper と共演!

 

#3
with  the Royal Philharmonic Orchestra  (Official Video)
2019年 最新の” I Don't Want To Talk About It ”はオーケストラと一緒に!

 

 

 

そして、”Sailing” ・・・

#1 ”Sailing” Official Video

 

#2
Live at Royal Albert Hall での ”Sailing”

 

#3
”Sailing”
with the Royal Philharmonic Orchestra (Official Video)

 

 

 

おまけ!!
浦和レッズ(URAWA REDS) We are Diamonds(動画冒頭に大合唱あり!)

クラブ設立25周年を記念したDVD/Blu-rayの先行予約トレイラー より・・。
浦和レッドダイヤモンズ、クラブ設立の1992年から2度目のアジア王者を勝ち取った2017年までの25年間の歴史がここに!

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

私の記憶が正しければ、はじめてアルバムを通して、ROD STEWART(ロッド・ステュワート)を聴いたのが、この「ATLANTIC CROSSING」だったはず。

 

レンタルレコード店で借りて聴いたはず・・・。

 

ラジオでは、「Baby Jane」とか「What Am I Gonna Do (I'm So in Love with You)」が流れていた1983年だったかと思います。

 

どちらかというとロックシンガーという意識は無かったんですが、昔のアルバムは結構ロック好きにもウケがいいらしい・・・。ということを耳にして、とりあえず、70年代のアルバムを探したはず・・・。

 

まぁ、「Sailing」もラジオで聴いたことがあったので、このアルバムを最初に選んだと思います。。

 

 

80年代当時のROD STEWART(ロッド・ステュワート)の楽曲はどうしてもポップ的というか・・・サウンド的に、あまり好きになれなかったんですが、70年代の楽曲はサウンド的に好みだったこともあって、よく聴きましたよ!

 

ちょっと、ペコペコした音のドラムだったりするんだけど・・そこが良かったり・・・。

 

まぁ、70年代のROD STEWART(ロッド・ステュワート)やFACES(フェイセズ)はリアルタイムでは聴いていません。

70年代、ラジオで流れていたこともあったんだろうけど、まぁ、小学生でしたし・・意識はしていなかったので、印象深い記憶はない・・・。

 

個人的にはローリング・ストーンズの方が過去追いで結構きいてたかな!?

それでも、この「ATLANTIC CROSSING」を聴いてから、少しづつ、ROD STEWART関連のアルバムも集めてきました!

まぁ、全部は持っていませんが・・・・。

 

 

広告
 

 

 

ブログランキング参加中 こちらもポチっとしてくれるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

はてなブログの方は・・・読者登録はこちらから