ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

BACKYARD BABIES「DIESEL AND POWER」(1994年)アルバム・レビュー【Collection#110】

スウェーデンの爆走ロックンロールバンド!  偉大なるロックンロールの先輩達からの影響を余すことなく見せつける楽曲は必聴であり、全身全霊のライブパフォーマンスは必見である! マイケル・モンロー、ジンジャー、タイラ等からも絶賛されたバンドの1stフルアルバム! 

 

こんな方におすすめ

  • ちょっとパンキッシュなハードロックバンドが好きな方
  • 北欧の爆走ロックンロールバンドに興味がある方
  • 華も毒も備わっていて、パンチの効いたバンドを探している方
  • HANOI ROCKS の流れを受け継ぐ北欧バンドに興味がある方
  • 全身全霊のライブパフォーマンスをするバンドが好きな方

 

広告
 

 

 

 

BACKYARD BABIES「DIESEL AND POWER」(1994年)

 


1994年にリリースされたBACKYARD BABIES(バックヤード・ベイビーズ)の1stフルアルバム。

当時、スウェーデンから現れたロックンローラーとしてギタリストのDoregen(ドレゲン)は、この手のロックファンから注目度が高かったんです!

日本盤発売は、2ndアルバムからなので1998年前後になってしまうのですが、それ以前から知る人ぞ知る感じだったから!

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :☆☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

試聴コーナー 

 

収録曲へのコメント (私の所有するSweden盤CDでの曲順)

1.SMELL THE MAGIC/BAD TO THE BONE

なんと! 土臭い感じの楽曲! スライドギターを駆使して、あれ?Cinderellaのアルバムだったけ? と勘違いしながら、そうそう! この後にAsianテイストのあるフレーズのあとの BAD TO THE BONEからノリがハードロック調になるんだった!!! なんとも挨拶代わりの1曲目としては新人らしからぬ選曲で期待度が高まったんだった!!! ミドルテンポの曲ですが、聴きこむとカッコイイ曲で好きです。

2. STRANGE KIND OF ATTITUDE

疾走感のあるギターイントロがカッコいい! ロックンロールバンドの魅力バッチリの曲!この手のノリ大好きなんです! 歌が始まるとどことなくドッグス・ダムールっぽかったり・・・粗削りながら、メロディがしっかりある感じ! 好きな曲です!  

3.  DIESEL AND POWER

重々しい感じながらも、雰囲気バッチリ! この手のタイプの曲は西洋で好評な感じ?ってイメージがあるんだが、、、結構イケてますよ!

4. LOVE

ジョニー・サンダース大好き!って感じがする1曲!素直に気持ちがイイ曲です! ホーン部隊も楽曲に彩りを与えています! この曲もドッグス・ダムールを想い出します! 

5. WILD DOG

爆走ロックンロール的ノリで攻めてきます! ラジオボイス的なボーカル処理もありますが、その辺はこの手のバンドのノリってことで・・・。

6. FLY LIKE A LITTLE

イントロはちょいと不気味なサウンドが気持ち悪いんですが、ホラーロック的なイメージの楽曲でもあるので、いいかな? ショックロック万歳!? HANOI ROCKSっぽかったり、アリスクーパーとかのイメージもあったり、面白い!!

7. ELECTRIC SUZY

この曲も暴走ロックンロール的な疾走感で荒々しく攻めてきます! 気を付けて!?

8. KICKIN'UP DUST

おっと!! 落ち着いた感じの曲パート2的なイントロから、ハードロックへ・・・よく聴くとサビメロは滅茶苦茶ポップだわ・・。

9. SHOULD I BE DAMNED

この曲もハードな感じで攻めてきます! 荒々しいギターサウンドが大丈夫なら結構楽しめる曲かもしれません。 なんとなく、80年代バッドボーイズロック(?)的。ガンズアンドローゼスとか・・・に近いのかな?

10. FILL UP THIS BAD MACHINE

ちょいとパンクっぽい感じのノリ! 結構好きなノリの曲です! なにげにメロディはキャッチーです! マイケルモンローのソロにありそうな感じの曲がたまりません! この手のバンドが好きな人には「お!」と笑顔になっていまうフレーズが・・ラモーンズ、ニューヨーク・ドールズ・・・とか。。好きな曲!

11. HEAVEN IN HELLL

想いたっぷりにバラード調で・・・結構いい曲でしょ!? とでも言いたげな感じが好きです。

12. SHAME

ミドルテンポのロック。途中で少し静かになる部分がありますが、なぜがガンズアンドローゼスを想い出してしまう・・・。その辺もご愛敬ということで・・・。



久しぶりのBACKYARD BABIES「DIESEL AND POWER」でしたが、爆走ロックンロール的な楽曲以外にメロディアスな曲も沢山あったのを忘れていました! 非常に楽しめましたよ~! 

 

 

BACKYARD BABIES(バックヤード・ベイビーズ) について

1987年にスウェーデンのネシエというところで Tyrant というバンドを結成したのが前身となる。

Vo&Ba:Tobias Fischer 
G:Doregen(Andreas Tyrone Svensson)
G:Johan Blomqvis
Ds:Peder Carlsson

 

1989年にTobias Fischer が脱退し、バックコーラスなどを手伝っていた Nicke Borg がメンバーに加わり、他メンバーのパートチェンジを図り、BACKYARD BABIES は誕生した。

 

BACKYARD BABIES のメンバー

Vo&G:Nicke Borg(ニッケ・ボルグ)
G:Doregen(ドレゲン)
Ba:Johan Blomqvis(ヨハン・ブロムクヴィスト)
Ds:Peder Carlsson(ペダー・カールソン)

 

1989年からライブやデモテープ、EPを制作しながら活動を続けて
1993年にはMega Rock Recordsと契約し、1stフルアルバムの制作に取り掛かる。

 

そして、記念すべき、フルアルバム「DIESEL AND POWER」誕生

1994年、1stアルバム「DIESEL AND POWER」リリース

 

 この頃、ギターのDoregen(ドレゲン)はBACKYARD BABIESと並行して、 Hellacopters(ヘラコプターズ)というバンドでも活動をしている。

ちなみにHellacoptersはEntombedというデスメタルバンドのドラマーがフロントマンを務めています。
しかし、音楽的にはロックンロール主体のバンド。この当時はかなりの爆音を響かせたバンド。

1996年に発売された、アルバムの音源なんか・・音割れした感じのノイジーな爆音ロックンロール!なので・・・ヘッドフォンで聴くには辛い!! って感じ。
(まぁ、Hellacopters も中期・後期になってくると聴きやすい渋いロックンロールを聴かせてくれますが・・・)

 

BACKYARD BABIES と  Hellacopters で活動する Doregen(ドレゲン)というギタリストに注目が集まったのは言うまでもないかもしれません。

ルックス的にも、ステージングも、この手のバンドが好きな方なら、すぐに受け入れられる見た目でしたしね!。

 

2つのバンドを掛け持ちしていたDoregen(ドレゲン)ですが、

1997年にはBACKYARD BABIESに専念するため、Hellacopters を脱退します。

そして、BACKYARD BABIES  待望の2ndアルバムのレコーディングに入り・・・。

 

1998年、2ndアルバム「total 13」をリリース
スウェーデンのアルバムチャートで12位を記録!


初来日もこのアルバム発売後だったかな??

北欧の爆音ロックンロールとか爆走ロックンロールとかちょっとしたブームになった記憶です(なっていたのか? なっていなかったのか?)

 

さらに、この手のミュージシャンたちからも絶賛されてたんですよね・・。

元HANOI ROCKSのマイケル・モンロー、ワイルドハーツのジンジャー、ドッグス・ダムールのタイラなんかもそうでしたね!

ヨーロッパのロックンローラー達からも注目のバンドと絶賛されてましたね。

 

1999年には、早くも再来日富士急ハイランドで行われた「OUT OF HELL」というフェスに参加。同じ年、AC/DCのイギリスツアーのサポートアクトして活躍する。

 

2001年、3rdアルバム「Making Enemies Is Good(天下無敵)」リリース

地元スウェーデンのアルバムチャートで1位を、フィンランドで13位を、日本では33位を獲得し、またも来日公演を行う!

 

しかし・・・2002年、ギターのDoregen(ドレゲン)が強盗に襲われるという事件が起こった! 幸い命には別状はなかったが・・・骨折する大けが・・。

 

2003年、4thアルバム「Stockholm Syndrome」リリース

2005年、ライブアルバム「Live Live in Paris」リリース

2006年、5thアルバム「People Like People Like People Like Us」リリース

 

2008年になると、プライベートレーベル Billion Dollar Babies Recordsを設立


プライベートレーベルからセルフタイトルのアルバムをリリースし、新たな活動を再開する。

2008年、6thアルバム「Backyard Babies」リリース

地元スウェーデンを始め、ヨーロッパ各国、日本でのツアーを開催。

 

しかし! 2008年後半、バンドは無期限の活動休止を発表

2009年、活動休止に対する挨拶として、日本公演開催。

 

20014年後半、活動再開を発表。2015年にアルバムリリース、フェス参加が告知されました!

 

2015年、7thアルバム「Something to Swallow」リリース

2019年、8thアルバム「 Sliver & Gold」リリース

 

BACKYARD BABIES と名乗ってから今日まで、メンバーチェンジもなく、4名のロックンローラーによって活動を継続(活動休止期間もあったけど)しているバンド。
4名の絆も強いんだろう。。。

もちろん、フロントマンのNicke Borg(ニッケ・ボルグ)はソロ活動もしていたり、ギタリストのDoregen(ドレゲン)は掛け持ちバンドや他のアーティストとの共演も沢山していたりするんだけどね。。。

 

今も現役ロックンロールバンド BACKYARD BABIES ! 記念すべき1stアルバム

 

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

1990年代中頃・・・。既に社会人となっていました。

この頃、結構、CDを購入してたような時期でしょうか・・・。初CD化とかも含めて・・・。

 

1990年代になるとグランジ・ムーブメントなんかも音楽シーンで話題だったかと思いますが。。。

 

私は、それほどグランジ・ムーブメントに乗っかっていないというか、よく知らないのが実情かもしれない・・・。

 

もちろんニルバーナのアルバムも持っていますが・・・。

 

どちらかというと・・・

大人買いできるようになってきてから、昔のアルバムがCD化されたものを購入したり、新譜として購入したり、新しいバンドのCDを購入したりするとしても。。。

 

なんとなく、中学生、高校生の頃に好きだったバンドに近い感じのものが多くなる傾向があったからかもしれません。

 

このBACKYARD BABIES も なんとなく、ジョニーサンダース、HANOI ROCKS、ドックス・ダムールとかの楽曲的雰囲気を持っていながらも、もう少しハードな演奏をするようなバンドですし・・・。

攻撃的な面は80年代後半のバッドボーイズロック系からの影響もあるのでしょうと思ったくらいですね。

当時、洋楽ものだと こういうバンドが好きでしたね。

結構、好きな部類に入るバンドでしたしね。

 

まだまだ、北欧を中心に90年代も華と毒を持ち合わせたロックンロールバンドは沢山いたんでしょうねぇ~・・・。

きっと知らないだけで・・・。

 

ちなみに、
私がときめく、ヨーロッパ勢の時代毎の好きなバンド達!(リアルタイムだと・・)

 

1970年代後半、英国出身のバンド、GENERATION X がいました!

1980年代前半、フィンランド出身のバンド、HANOI ROCKS がいました!

1980年代後半、英国出身のバンド、THE DOGS D'AMOUR がいました!

1990年代前半、英国出身のバンド、THE WILDHEARTS がいました!

1990年代後半、スウェーデン出身のバンド、BACKYARD BABIES がいました!

2000年代前半、スウェーデン出身のバンド、HARDCORE SUPERSTAR がいました!

 

ん? もしかしたら・・・この辺で止まっているかもしれません。


昔から好きなアーティストのアルバムが出れば、購入したりするんですが、新しいバンドとかアーティストとなると・・・???

2000年代って アメリカでの青春パンクバンド?的な 聴きやすいパンクロックバンドとか好きでしたねぇ~ でも前半かな、それ・・・。

あれれ? もしかすると・・・デビューが最近のバンドって言っても結構前だわ・・。 

で2000年以降、特にハマったバンドで上記以外だと・・・。
なんだっけということですぐに思いつくバンドを挙げてみました

日本のSCANDAL・・・
アメリカのグッド・シャーロット・・・
ヨーロッパのKILLERS・・・

実はCD持っていないけど、、
YouTubeで好きになった 日本の バックドロップシンデレラ ・・・


ん~、デビューは結構昔だね・・・。

 

BACKYARD BABIES「DIESEL AND POWER」のアルバムの想い出というよりも、最近のバンドを良く知らない!ってことの方がメインになってしまいました!

 

とは言え、1990年代半ば・・社会人になっての生活がスタートした頃でした。
社会的にもいろいろな事件や災害もあったことを想い出しもします。


まだまだ、20代だった頃です。 
90年代前半は怪我による手術やリハビリは大変でした・・・。
なんとか復帰でき、歩けるようになり、少しは走れるようになりましたが、、、って頃ですかね・・。

90年代後半って結構、ライブも観に行ってましたが、BACKYARD BABIES は、生で観てないんですよね~ それが心残りだわ。

 

で、最近のアルバムは持ってないんだな・・・ということで

 

BACKYARD BABIES 最近のダウンロードシングルのビデオで今回は終わりです!

 

Shovin' Rocks (OFFICIAL VIDEO) 2018年

シンプルなノリノリロックンロールを奏でてくれます! もちろんサビは大合唱できます! 50過ぎのロックンローラーは健在でした!

 

 

今回のアルバム紹介はBACKYARD BABIES「DIESEL AND POWER」(1994年)でした!

 

 

 

あとがき

そうそう・・・
BACKYARD BABIES の後輩バンドというかスウェーデンの他バンドの記事もありますので、チェックしてみよう!?

 

www.tomo-zy.com

 

www.tomo-zy.com

 

 

あと、

BACKYARD BABIES を絶賛したアーティストのアルバム紹介記事もあります!
ブログをはじめた 最初の頃のものですねーー。懐かしい・・・。

 

www.tomo-zy.com

 

 

www.tomo-zy.com

 

 

www.tomo-zy.com

 

 

それでは! またねぇ~。

 

 

ブログランキング参加中 こちらもポチっとしてくれるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

はてなブログの方・・・読者登録はこちらから