LINDSAY LOHAN「SPEAK」(2004年)アルバム・レビュー【Collection#174】

3歳からモデル事務所に所属して活躍していた LINDSAY LOHAN(リンジー・ローハン)は、映画「フリーキー・フライデー(Freaky Friday)(邦題はフォーチュン・クッキー)」に出演。映画も大ヒットし、 アメリカで最も人気のあるティーン・アイドルとなった!  その勢いは企業モデル・映画の中だけでは収まらなかった!!

 

 

こんな方におすすめ

  • アメリカのティーン・アイドルに興味がある方
  • 2000年代のウォルト・ディズニー・ピクチャーズ制作の映画に興味がある方
  • お騒がせセレブとしてのリンジー・ローハンは知っているという方
  • 当時のリンジー・ローハンが好きだと思う方

Sponsored Link  

 

LINDSAY LOHAN「SPEAK」(2004年)

 

2004年に発売されたLINDSAY LOHAN(リンジー・ローハン)のアルバム「SPEAK」。

LINDSAY LOHAN・・・映画の宣伝時など、表記はリンゼイ・ローハンの時もあった。また、実際の発音はリンジー・ローヘン のようです。このアルバム発売から日本での表記はリンジー・ローハンに統一されたようです。

 

ちなみに・・・LINDSAY LOHAN(リンジー・ローハン)自体の音楽活動として、

アルバムはこれまで(2022年1月時点)に3枚リリースされています。

1stアルバム「SPEAK」2004年
2ndアルバム「A Little More Personal (Raw) 」2005年
3rdアルバム「Spirit in the Dark」2009年

その後も単発(シングル)として・・・
2019年に「Xanax」、2020年に「Back To Me」をリリースしています。

 

ちなみにティーン・アイドルとして、映画出演作でもロック少女役もありましたねぇ

映画「フリーキー・フライデー(Freaky Friday)(邦題はフォーチュン・クッキー)」

これは、1976年にジョディ・フォスターが主演した映画「フリーキー・フライデー(Freaky Friday)」のリメイク。

内容は・・・とあることで、母親と娘の中身が入れ替わってしまった!!というもの。

 

このアルバムの紹介の前に 2種類のビデオを観てみましょう・・

①リンジー・ローハン演じる 中身が母親、姿が娘 がステージで演奏?するシ

Freaky Friday - Take me Away (Official Music Video) ft. Lindsay LohanI

 

中身も姿も娘 が演奏するシーン
  楽曲 「Take me Away」は本来こんな感じの曲だった! 

Freaky Friday - Take me Away

如何でした?? 

 

それでは・・・・本題 LINDSAY LOHAN「SPEAK」へ

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★☆☆☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★☆☆
泣ける楽曲収録評価         :★★☆☆☆
イージーリスニング評価       :★★★☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★☆☆☆☆

アーティストルックス        :★★★★☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。   

 

試聴コーナー 

   

収録曲へのコメント

1. FIRST

この曲のPVには映画「Herbie: Fully Loaded (邦題:ハービー/機械じかけのキューピッド)」にも出てくる車フォルクスワーゲン(ハービーという名前が付けられていた)も登場します! 曲調はノリが良いハードなロック! 結構好きな曲です。たしかラジオで聴いたのが最初で、このアルバムを購入する切っ掛けとなった曲。 

2. NOBODY ’TIL YOU

サウンドはロックです。1曲目同様に結構音圧を感じる楽曲。

3. SYNPTOMS OF YOU

この曲は少し落ち着いた曲。ミドルテンポの曲で聴きやすい。でもギターの音色があまり好みではないのが、、、。

4. SPEAK

サウンドが打ち込み系に変わった感じ。もちろんギターもばっちり入っているんですけど・・・。3曲目までとは少しサウンドのタイプが変わります。 

5. OVER

悲しいイントロ・・・、そして打ち込み系のサウンドが・・・ちょっとと思うのですが、曲は好き。


6. SOMETHING I NEVER HAD 

アコースティックギターの音色でホッとする曲。落ち着いて聴くことが出来る曲で、メロディも、楽曲の盛り上げ方も好き。 そして、落ち着いた感じで着地する点も好き。


7. ANYTHING BUT ME

打ち込み系の音が混じりますが、サウンドや曲展開が好き。


8. DISCONNECTED

アコースティックギターのイントロ・・・その後、激しい音色になりますが、そんなに音圧は感じません。 曲展開的には好きな感じ・・・。


9. TO KNOW YOUR NAME

この曲の打ち込み系の音色、シンセの音色が好きになれない。これは好みの問題。


10. VERY LAST MOMENT IN TIME

この曲、好き。途中でストリングスとか入ります。そこがイイ!! もっとボーカルを前に出しても良かったんじゃない? (まぁ、アルバム全体に言えることかも)


11. MAGNET

どうしてもサウンドが気になり、いいメロディなんだけど・・・。やはりボーカルをもう少し前に出しても良かったんじゃない?? と思ってしまう。


12. RUMORS

この曲も打ち込み系の音色が・・・どうしても気になって、あまり楽しめないのは好みの問題だろう。


13. RUMORS (SHARP BOYS REMIX RADIO EDIT) ※日本盤ボーナストラック

こちらのバージョンの打ち込み系の方が好き! 12曲目と同じ曲なのに こんなに感じ方が変わるものだ! と実感する曲! まぁボーカルをもう少し前にだしてほしいけどね。このバージョンは楽しい!


14. OVER (FULL PHATT REMIX) ※日本盤ボーナストラック

この曲は本編5曲目の方が好き!・・・。

 

LINDSAY LOHAN「SPEAK」でしたが、もっとロック色が強かった印象でしたが、聴き終わってみると違ったようでした・・・。でも、出演映画に関しては、そうそう! この映画観た観た! って懐かしくなりましたよ! 

Speak

Speak

  • リンジー・ローハン
  • ポップ
  • ¥1731

 

Sponsored Link  

 

 

TOMOZY(トモジー)の個人的なアルバムにまつわる想い出

アルバム自体は・・・ラジオでリンジー・ローハンがアルバム出す!って話がされていて、かかった曲が1曲目の「FIRST」だった。

この曲がカッコ良かったから購入したんです。

まぁ、リンジー・ローハンの事は映画で観て知っていました!

当時のティーン・アイドルとして、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ制作の映画に結構、出演していましたしね。

 

どちらかというと・・・
このアルバムの想い出よりも映画の方が記憶に残っています・・・。

 

11歳の双子役で出演していた映画
映画:ファミリー・ゲーム/双子の天使(1988年、日本公開は1899年)

 

中身が入れ替わってしまった母親と娘のドタバタを描く
コメディ映画:フォーチュン・クッキー(2003年)

 

アフリカ育ちの学生がアメリカの学校に転校・・・。
学園もの映画:ミーン・ガールズ(2004年)

 

中古車屋で見つけた車は「ハービー」という呼び名が付いていた!。
映画:ハービー/機械じかけのキューピッド (2005年)

 

どれも楽しい映画でした・・。

 

映像で楽しむ LINDSAY LOHAN「SPEAK」&モア

最後に、AEROSMITH「ROCKS」(1976年) シングル曲 「BACK IN THE SADDLE」 の2004年発売のライブDVD「 You Gotta Move」より ライブ映像をお楽しみください! 

First (Official Music Video)

 

Over (Official Music Video)

 

Rumors (Official Music Video)

 

最後に・・・映画「邦題:フォーチュン・クッキー」内のバンド演奏で、リンジーがボーカルを務めた曲

Lindsay Lohan - Ultimate

 

 

あとがき

そういえば・・・リンジー・ローハン主演の学園コメディ映画「Mean Girls」でThe Donnas が演奏する GEN X(BILLY IDOL)の「Dancing with myself 」が使われていたっけ・・・

ということで、映画のシーン&The Donnas 演奏シーンで構成された映像をおまけに・・・

 

映画「Mean Girls」サウンドトラック 「Dancing with myself」
パフォーマンス:The Donnas

 

 

それでは、またねぇ~。

 

 

Sponsored Link