ROBERT GORDON「ARE YOU GONNA BE THE ONE」(1981年)アルバム・レビュー【Collection#190】

ロバート・ゴードンが9歳の時にエルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を聴いてロックンロールを志す! そして・・・オールディーズマニアの間で有名な人物になっていきます!! 70年代後半以降、若者に人気のストレイ・キャッツ。ちょっと大人な世代に人気のロバート・ゴードン! どちらもかなり カッコいいんです!

 

 

こんな方におすすめ

  • エルヴィス・プレスリーに憧れた9歳が大人になって歌う楽曲に興味がある方
  • 大人の雰囲気を持ったロカビリーに興味がある方
  • 名の知れたギタリストが一緒にステージに立ったシンガーに興味がある方
  • 80年代ロカビリー・ブームの先駆者的存在に興味がある方
  • ネオ・ロカビリーってなんだ? と思った方

Sponsored Link
 

 

ROBERT GORDON「ARE YOU GONNA BE THE ONE」(1981年)

Are You Gonna Be the One (Bonus Tracks)

Are You Gonna Be the One (Bonus Tracks)

  • Robert Gordon
  • ロック
  • ¥1833

 

 

ROBERT GORDON(ロバート・ゴードン)・・・
ワイルド・キャッツのレコードを含め、通算5枚目のアルバム。

 

※邦題には 「ロカビリー・クレイジー」と表記されました・・・。

このアルバムでは、結構、カントリーの要素も以前より加わっています。
それに歌唱も少し大人びてきた感じも・・・。

全体的にロカビリー! っていうよりも、ちょっと大人のロックンロール!
って感じで、好きなアルバムです!

 

まずは、ご挨拶として
アルバム6曲目に収録されたPVをご覧ください!
この曲のタイトルは、いろんなアーティストが曲に付けていたりしますね。

結構、同名異曲となるタイトルですね!

まぁ、曲にこのタイトル付けてると、カッコいい!曲なんだろう!?と勝手に思っちゃいます!

この曲も もちろん カッコいいです!

 

Too Fast To Live Too Young To Die

 

 

Sponsored Link
 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★★☆
イージーリスニング評価       :★★★☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

試聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

1. ARE YOU GONNA BE THE ONE

1曲目からクリアなサウンドでワクワクしてきます! キーボードも味付け的に活躍します。オールドスタイルのロカビリーサウンドを期待していましたが、これはこれで好きな感じなので、問題なく楽しめた1曲目! このアルバムは良質なポップ/ロックとして楽しむことが正解でしょうかね!?
邦題は「おまえはロックン・ロール」なんとも言えないタイトルですけど・・・。


2. SHE'S NOT MINE ANYMORE

良質なポップ/ロックとして楽しむのが正解のようです! どこか ジョー・ジャクソンを思い出させるような雰囲気もあって、夜に聴きたい 好きな曲です!
邦題は「君去りしバラード」・・・・。


3. SOMEDAY , SOMEWAY 

邦題「いつかどこかでR&R」と名付けられたこの曲は結構ヒットしたんです。ノリの良い楽曲でウキウキする感じがいいんです。この曲は午前中から聴きたくなる曲!
オリジナルの Marshall Crenshaw(マーシャル・クレンショー)のバージョンよりも好き!


4. SATBDING ON THE OUTSIDE OF HER DOOR

カントリーソングのムード満点のバックの演奏が昼下がりにピッタリ! この曲の邦題は 「彼女はロッカ・バラードがお好き」
 

5. LOOK WHO'S BLUE

大人のロックンロール! というか 都会的なカントリー!? というか・・。まぁ、大人の魅力満点に歌い上げる・・。


6. TOO FAST TO LIVE , TOO YOUNG TO DIE

アルバムの中ではかなり派手目のロックンロール! 疾走感バッチリのギターも聴き応えあり! この曲も好きです!


7. LOVER BOY

軽快なギターのカッティング! 軽快にムード満点に歌い上げるロバート・ゴードン! この曲も楽しめます!


8. DRIVIN' WHEEL

アコースティック・ギター、エレキギター、ウッドベース! ゆったりとしたリズムですが、聴き応えはバッチリ! 邦題は「ドライビング・ロックン・ロール」・・・。


9. TAKE ME BACK

やはり大人のポップ/ロックといった感じで、管楽器も効果的にソロワークを聴かせてくれます! メロディもカッコいい! 


10. BUT , BUT

軽快なリズムで跳ねる感じが好き! この曲もウキウキしちゃいます! この曲にも管楽器が活躍します! 邦題は「バット! BUT!」 ん??? と思うけど・・・。

 

 

久しぶりの ROBERT GORDON「ARE YOU GONNA BE THE ONE」でしたが、この落ち着いた感じのサウンドが好きだった! 良質なポップ/ロック アルバムとして大好きです!

 

Are You Gonna Be the One (Bonus Tracks)

Are You Gonna Be the One (Bonus Tracks)

  • Robert Gordon
  • ロック
  • ¥1833

 

 

 

映像で楽しむ ROBERT GORDON

このアルバムとは関係ないのですが、1982年公開の映画「The Loveless」に俳優としても出演しています! 

映画自体は50年代スタイルのバイカー・ムービー・・・。

映画の内容よりもサウンドトラックの楽曲に注目が集まった!? 

 

Wasting My Time (The Loveless) 

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

このアルバムは 同じくロバート・ゴードンの「ROCK BILLY BOOGIE」と一緒に1990年に日本でCD化された時に購入しました。

はじめて聴いた時は、なんか ホッとする優しい雰囲気に包まれたような気分だったと思います。

大人な感じ! この感覚は 派手なルックスのバンドとは異なる良さがあって、とても好きなアルバムになりました。

楽曲自体ポップなムードもあって、落ち着きたい時に聴くことが多かったですねぇ~。

「ROCK BILLY BOOGIE」と「ARE YOU GONNA BE THE ONE」は 結構好きなアルバムなので、他のアルバムも聴きたいと思いながら・・・・今に至ってますが、まだ他のアルバムは聴いていない・・・・。

 

 

今回は ROBERT GORDON「ARE YOU GONNA BE THE ONE」(1981年)でした

 

Are You Gonna Be the One (Bonus Tracks)

Are You Gonna Be the One (Bonus Tracks)

  • Robert Gordon
  • ロック
  • ¥1833

 

 

それでは・・・またねぇ~。

 

 

 

関連記事

 

www.tomo-zy.com

 

 

ブログランキング参加中 こちらもポチっとしてくれるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

はてなブログの方・・・読者登録はこちらから

Sponsored Link  

さがしものなら こちらから・・・