ROD STEWART「FOOL LOOSE & FANCY FREE(明日へのキック・オフ)」(1977年)アルバム・レビュー【Collection#201】

ソロ通算8枚目のアルバム。この頃のバックバンドには Carmine Appice(カーマイン・アピス)がドラムで参加してたっけ。収録曲は8曲! アップテンポの楽曲とスローテンポの楽曲がうまく配置されたアルバム! 32歳のRod Stewart(ロッド・スチュアート)の歌声や節回しは、少し円熟度が増したようでした!!

 

こんな方におすすめ

  • ハスキーボイスのボーカリストにワクワクする方
  • なぜか安心感や心地よさが味わえる楽曲に興味がある方
  • ウルフカットといったら彼を思い出す方
  • イギリスからアメリカに移住したロックアーティストに興味がある方
  • アメリカでも国民的な歌手になっちゃたアーティストに興味がある方

Sponsored Link
 

 

 

ROD STEWART「FOOL LOOSE & FANCY FREE」(1977年)

 

1977年 8枚目のアルバム「FOOL LOOSE & FANCY FREE(明日へのキック・オフ)」をリリース!

実は、このアルバム用レコーディングでは2枚組になるくらいの曲を制作していたが、出来上がりに満足できず、トラック・ダウンをし直しながら、気に入ったものだけ収録したアルバムになっているそうだ!

それから、カバー曲も収録されています! 彼のカバー楽曲はいつも結構いいんですよね!このアルバムでは、 YOU KEEP ME HANGIN' ON(5曲目)がカバー曲ですね!

 

当時、イギリスからアメリカに移住したミュージシャンも多いけど、彼ほど成功したミュージシャンは、それまで、いなかったかな~。

まぁ、イギリスでもアメリカでも日本でも、その他海外でも・・・人気があったミュージシャンです! 

 

まずはアルバム1曲目の HOT LEGS をご覧ください! 
Rod Stewart - Hot Legs (Official Video)

 

後半でも。映像特集ありますので!続きは後程!

 

Sponsored Link
 

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★☆☆
イージーリスニング評価       :★★☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★☆☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

試聴コーナー

 

収録曲へのコメント 

1. HOT LEGS

1曲目はロックロール! よくある感じかもしれませんが、気持ちいい!! 蟻田も左右に思いっきり降られているので、聴いていて楽しい! 好きな曲です。


2. YOU'RE INSANE

こちらも左右に振られた楽器たちの音色を楽しめます!  個人的には、歌を聴くというよりもサウンドそのものを楽しむ感じです。


3. YOU’RE IN MY HEART(THE FINAL ACCLAIM)※邦題:胸につのる想い

スローな楽曲で、優しく歌い上げる Rod Stewart(ロッド・スチュアート)。きれいなサウンドも聴きごたえあり! まぁ、ロッドの歌声だ! と聴けばわかっちゃうところがすごい! 


4. BORN LOOSE

ノリノリのロックンロール! 軽快な感じが気持ちイイ楽曲。こちらも左右に振られたギターやセンターに位置されたギターソロ、結構ドラムもヘヴィに決めてくれます! 曲が始まり 4分付近で、徐々にゆっくりと終わるかと思いきや・・・・徐々にテンポが上がっていきます!! この曲好きな曲です!
 

5. YOU KEEP ME HANGIN' ON

The Supremes(スプリームス)の1966年ヒット曲です。 日本では、翌年1967年リリースの Vanilla Fudge(ヴァニラ・ファッジ)のバージョンが有名かもしれませんね。
The Supremes は少し明るい感じがします。Vanilla Fudge(ヴァニラ・ファッジ)はちょっとテンポを落としてロック!って感じ。 Rod Stewart(ロッド・スチュアート)のバージョンですが、結構 ロックしています!! 


6. (IF LOVING YOU IS WRONG)I DON'T WANT TO BE RIGHT

ちょっと悲しいイントロ・・・。大人なムード満点の楽曲…ささやくように歌ったり、激しい歌い方になったり・・エモーショナルな歌い方ですねぇ~。


7. YOU GOT A NERVE

この曲もスローですが、聴きごたえあり。バックのサウンドに耳を澄ましまがら・・Rodの歌声を楽しみましょう。


8. I WAS ONLY JOKING ※邦題:ただのジョークさ

ラストの曲もシングルヒットした曲です。イントロのギターもソロ部分も素敵! ポップな感じに仕上がった気持ちのいい曲です! 昼寝しながら聴きたい!?  好きな曲です。

 

 

久しぶりの ROD STEWART「FOOL LOOSE & FANCY FREE(明日へのキック・オフ)」でしたが、ウルフカットといえば、この男! ちょいとハスキーな声が いいんじゃ!

 

 

 

映像で楽しむ ROD STEWART「FOOL LOOSE & FANCY FREE」

まずは、オフィシャル・ビデオから

アルバム2曲目
Rod Stewart - You’re Insane (Official Video)

 

アルバム3曲目
Rod Stewart - You're In My Heart (The Final Acclaim) (Official Video)

 

アルバムラスト8曲目
Rod Stewart - I Was Only Joking (Official Video)

 

 

おまけ

2000年以降の映像から いくつかご紹介

2019年のオーケストラとの共演
Rod Stewart - You’re In My Heart (The Final Acclaim) (with The Royal Philharmonic Orchestra)

 

こちらは2015年のコンサート
I Was Only Joking (Rod Stewart @ Hyde Park - featuring Jim Cregan)

 

最後は、2004年のライブから アルバム1曲目のホットなナンバーをどうぞ!
Rod Stewart - Hot Legs (from One Night Only! Rod Stewart Live at Royal Albert Hall)

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

この「FOOL LOOSE & FANCY FREE(明日へのキック・オフ)」ですが、ヘヴィローテーションにはなってない・・・。。

まぁ。1曲目の HOT LEGS、 4曲目の BORN LOOSEは好きでしたので、70年代洋楽ロックベスト的なカセットテープを作る際には、入れていたから、よく聞いた感じでしょうかね。アルバム自体は通して聴くことは 少なかったなぁ~。

しかし・・・
この頃の Rod Stewart(ロッド・スチュアート)の楽曲は・・・・沢田研二さんがライブ演奏してたり・・・って記憶があります。70年代後半、80年代前半の沢田研二さんは結構、グラマラスな衣装で面白かったなぁ~。 

それに、西城秀樹さんも ロッドのコンサートとか行ってたようだし・・・。

結構、日本の歌手にも影響力あったアーティストですね。

 

 

ROD STEWART「FOOL LOOSE & FANCY FREE(明日へのキック・オフ)」(1977年)でした

 

それでは・・・またねぇ~

 

関連記事

www.tomo-zy.com

 

www.tomo-zy.com

 

www.tomo-zy.com

 

Sponsored Link