THE BLACK CROWES「SHAKE YOUR MONEY MAKER」(1990年)アルバム・レビュー【Collection#212】

祝 17年ぶりの来日公演!(デビューアルバム30周年記念の一環) ということで今回は THE BLACK CROWES(ブラック・クロウズ) の 1stアルバムを紹介するよ! アメリカのジョージア州アトランタ出身のバンドで 渋いロックンロールを奏でてくれます!!

 

こんな方におすすめ

  • 広大な雰囲気を感じるロックンロールを聴いてみたい方
  • ちょっと泥臭い府に気のあるロックンロールバンドが好きな方
  • サザン・ロックは野暮ったい!?と嫌煙したいる方
  • デビュー後すぐに音楽業界を席巻したバンドに興味がある方
  • スライドギターの音色って好きって思う方 

 

 

Sponsored Link

 

 

THE BLACK CROWES「SHAKE YOUR MONEY MAKER」(1990年)

 

アルバム紹介の前に・・・(THE BLACK CROWES 2022 来日情報)

2022年 THE BLACK CROWES が17年ぶりにやってくる!

デビューアルバムリリース30周年記念ツアー 

11月5日(土)  立川ステージガーデン
11月6日(日)  立川ステージガーデン
11月8日(火)  Zepp Osaka Bayside
 

デビュー・アルバム30周年記念ツアー 来日(ウドー音楽事務所による告知PV)

 

詳細はこちらのウドー音楽事務所のサイトを確認しよう!!

udo.jp

 

 

 

アルバム「SHAKE YOUR MONEY MAKER」あれこれ


では、本題のアルバム紹介に入ります!

このアルバムは1990年に発売され、500万枚以上を売上するほどの大ヒット作である。

THE BLACK CROWES(ブラック・クロウズ)は ボーカル:Chris Robinson(クリス・ロビンソン)とRich Robinson(リッチ・ロビンソン)の兄弟を中心に結成されたバンド。

ロビンソン兄弟の父親もミュージシャンだそうです。

聴いていた音楽も父親の影響が強く、JOE COCKER とか SLY STONE 、MUDDY WATERS に ROBERT JOHNSON などを聴いて育ったようです。

 

デビュー時は5人編成のバンドでした。

Vo:Chris Robinson(クリス・ロビンソン)
G  :Rich Robinson(リッチ・ロビンソン)
G  :Jeff Cease(ジェフ・シーズ)
B  :Johnny Colt(ジョニー・コルト)
Ds:Steve Gorman(スティーヴ・ゴーマン)

アルバム制作にはゲストミュージシャンとして、元 The Allman Brothers Band であり、 The Rolling Stones のツアーでも80年代は活躍していた  Chuck Leavell(チャック・リーヴェル)が参加している。

 

2ndアルバム時には
Jeff Cease(ジェフ・シーズ)から Marc Ford(マーク・フォード)に交代。
新たにキーボード奏者:Eddie Harsch(エディ・ハーシュ)が加入し6人編成となるけどね。

 

1991年には全米チャートの第4位まで上昇!
同年、イギリスで開催された モンスター・オブ・ロック にも出演するほどに!

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★☆☆
イージーリスニング評価       :★★★☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

視聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

 

1. TWICE AS HARD

イントロのギターで、すでにカッコいいと思ったから・・・。歌が始まって、さらにカッコいい! と思った。 日曜日の昼下がりに 聴きたい!


2. JEALOUS AGAIN

そうそう、これこれ! って感じのロックンロール! この曲好きです。 途中で曲の感じも変わったり・・・聴きごたえたっぷり!  


3. SISTER LUCK

ゆったりとした雰囲気の楽曲。バックのピアノの音色がたまりません! 曲途中から、ちょいと盛り上がり・・・。


4. COULD I'VE BEEN SO BLIND

ちょっとタルい感じの曲かと思っていたら、途中からノリが良くなる! ギターソロもちょっと明るめ に聞こえてきます! やはり日曜日の昼下がりが似合う!?
 

5. SEEING THINGS

これは夜に聴きたい! 女性コーラスもオルガンソロの音色も雰囲気満点!


6. HARD TO HANDLE

ノリがよく、ボーカルのみになる瞬間が溜まりません!!


7. THICK N' THIN

車がクラッシュする効果音の後、ノリノリのロックロールが始まります! 映画で観たアメリカの酒場で 皆が踊る雰囲気もありながら・・・。かなり煽ってくる楽曲です! 


8. SHE TALKS TO ANGELS

アコギから始まる楽曲でしばし休憩・・・。まぁ他の楽器が入ってくるとちょいと懐かしい雰囲気になるので、好きです。


9. STRUTTIN' BLUES

ちょっとハードなギターサウンドも魅力的な1曲! オルガンの音色もカッコいいよ!


10. STERE IT COLD

一応、ラストは好きな感じのロックナンバー! ドラムとベースの響きがちょいと鋭くて好き。もちろん尖がっているわけではないんですけどね・・・。  

 

11. (シークレットソング)

シークレットソングとして11曲目に収録されています。楽曲タイトルや歌詞はアーティスト側の意向によりブックレットには記載なし!

ということでしたが、データ上、11曲目には DON'T WAKE ME と表記されるんですよね・・・。

ちなみに1分くらいで終わります・・・。 

 

 

久しぶりの  THE BLACK CROWES「SHAKE YOUR MONEY MAKER」でしたが、忘れていた曲や、その後の展開を思えている曲などもありました! 正直、このところ聴いてなかったしねぇ~。 でも、このアルバム、やはり好きだわ~!! 

 

 

 

映像で楽しむ  「SHAKE YOUR MONEY MAKER」+α

 

The Black Crowes - Twice As Hard

アルバム1曲目のPV映像。シングルカットもされちゃったんです。全米シングルチャート11位を記録しましたよー。

 

The Black Crowes - Jealous Again

アルバム2曲目のPV映像! この曲もシングルカットされ、チャートは5位!

 

The Black Crowes - Hard To Handle

アルバムからのシングルカットで、全米1位獲得シングルとなった記念すべき楽曲

 

The Black Crowes - She Talks To Angels (Official Video)

アルバム8曲目 シングルカットもされました

 

The Black Crowes - Shake Your Money Maker Tour 1990

1990年当時の ツアー プロモーション

 

The Black Crowes - She Talks To Angels (Live In Atlanta, GA / 1991)

1991年のライブ映像 シングルにもなった She Talks To Angels をどうぞ! 

 

 

 

ここからは最近の映像を・・・

 デビューアルバム Shake Your Money Maker 30周年記念ツアーに関するTHE BLACK CROWES オフィシャルPV がこれですね

Rock & Roll is BACK - The Black Crowes Present: 'Shake Your Money Maker' Tour 2021

来日公演が待ち遠しい!?

 

 

 

 

あとがき

THE BLACK CROWES(ブラック・クロウズ) は  1990年 期待大の新人グループとして、日本でも注目されていた記憶です。


1980年代終わりに、イギリスでは Quireboys(クワイア・ボーイズ)という、Rolling Stones、Humble Pie、Faces といったブリティッシュロックの正統後継者のようなバンドが注目されたり・・。

この THE BLACK CROWES(ブラック・クロウズ)も アメリカにおける ロック史の正統後継者のようなバンドに感じたものです・・。

 

何をもって、後継者といった表現がいいのか疑問もあるのですが、そう感じてやまないサウンドが心地よかったアルバムであり、バンドであったんです。

 

大好きなアルバムなのは事実。
まぁ、バンドに対して熱狂的になるかというと・・ そうはならなかった。

というのが本当のところかな。

 

でも素敵な楽曲を奏でる THE BLACK CROWES ! かっこいい バンドです!

 

今回は THE BLACK CROWES「SHAKE YOUR MONEY MAKER」(1990年) アルバム・レビューでした。

ちなみに、30周年を記念したタイプ <デラックス版>も商品化されているんですねぇ

 

それでは・・・またねぇ~。 

Sponsored Link