LENNY KRAVITZ「MAMA SAID」(1991年)アルバム・レビュー【Collection#238】

LENNY KRAVITZ(レニー・クラヴィッツ)のCDを最初に購入したのは3作目の「ARE YOU GONNA GO MY WAY」だったが、一番最初に聴いた曲は『Mama Said』からシングルカットされた『It Ain't Over 'til It's Over 』だった。

FMラジオから流れるサウンドは1990年代なのに懐かしい気分になったものだ。
当時は、イイ曲だなぁ~ って・・・・思ったんだよね。

 

こんな方におすすめ

  • 時代に逆行するアナログ機材好きの方
  • 60年代~70年代のサウンド好きの方
  • 自分自身で各楽器を演奏して収録しちゃうアーティストに興味がある方
  • 綺麗なメロディと懐かしい雰囲気のある楽曲に興味がある方
  • ある意味、ぶっ飛んだ収録方法のアルバムに興味がある方

 

 

LENNY KRAVITZ「MAMA SAID」(1991年)

 

まずは、この映像からスタート 「It Ain't Over 'Til It's Over 」 

FMラジオからこの曲が流れた時は、懐かしい感じもあったけど、なんてお洒落な曲なんだ!!って思った。

Lenny Kravitz - It Ain't Over 'Til It's Over

 

アルバム「MAMA SAID」あれこれ

LENNY KRAVITZ(レニー・クラヴィッツ)の2ndアルバム。

このアルバムのヒットによりブレイクした感じですね。

もともとマルチプレイヤーでアナログ機材好き。

彼のアルバムには当時の時代背景からは逆行したようなアナログ機材満載でレコーディングしたりしているんだって。

ドラムの音すべてをステレオ的にMIXせず、あえて右か左かに思いっきり振りきったりするミックスも懐かしさと感じる要因なのかもしれませんね。

また、Guns N' Roses のスラッシュとは、高校時代に同級生だったこともあってか、このアルバムに2曲参加しています。

※スラッシュ参加曲:「Always on the Run」、「Fields Of Joy (Reprise)」

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★☆☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★★☆
イージーリスニング評価       :★★★☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★☆☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

視聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

1. What The Fuck Are We Saying?

落ち着いたリズムで進行しますが、結構、音は面白いんです。LENNY KRAVITZの作るサウンドって、音がユラユラする感覚があるけど、それが不快じゃなくて心地よいんですよね。この曲もキーボードは早い感覚でユラユラというかビブラートというか・・・そこがイイんです。


2. Fields Of Joy

2曲はちょっとさらに落ち着いた雰囲気のテンポで綺麗なメロディが好きです。もちろんギターサウンドがのっかればロックサウンドなんだけど、それだけではない雰囲気があって好きです


3. All I Ever Wanted

この曲は深夜に聴きたい。落ち着いた感じですが、ボーカルはエモーショナルな感じで歌いあげてくるので聴き応えあります!


4. It Ain't Over 'Til It's Over

綺麗なイントロ、FMラジオから流れる雰囲気も最高です。ヘッドフォンでもスピーカーでも聴き応えあります。この曲のストリングスの入り方、キーボードの音色とも最高です。
 

5. More Than Anything In This World

ほとんど右スピーカーに集中させた録音から徐々に左のスピーカーからも音を出力させてたり、右スピーカーだけに戻したり・・・。聴き応えあります。

 

6. What Goes Around Comes Around

ドラムのリムを叩きリズムを刻んできますが、メトロノームかと思う感じに他の楽器の音色と相まって不思議な時間が刻まれていきます。

 

7. The Difference Is Why

またもやユラユラするサウンドです。ふあふあ するバックに ボーカルがのると落ち着いた曲に聴こえるのが不思議です。まぁ、そこが中毒的なサウンドとなり、繰り返し聴いてしまうのかもしれませんね。

 

8. Always On The Run

2本のギターが曲を引っ張っていきます。聴き応えあるが楽曲だと思います。

 

9. Stand By My Woman

イントロからイイ曲じゃん!って唸ってしまいます。ピアノのサウンド、ボーカルメロディもイイ感じです。もちろんキーボード(オルガン?)の音色もいい味付けになって盛り上げてくれます。

 

10. Stop Draggin' Around

ギターから始まるノリのいい楽曲。ドラムは思いっきり右に振ってますので、最初は違和感あるかもしれませんが、聴き込むと気になりません。

 

11. Flowers For Zoe

少し浮いた感じの位置のサウンドとメロディがもしかしたら落ち着かない気持ちになるかもしれません。バイオリンでしょうかね?このフレーズもビブラートを効かせてくるし、ギターのアルペジオもやはり落ち着かせてくれません。

 

12. Fields Of Joy (Reprise)

この曲はボーカルが左に振られ、ドラム・ベース・ギターが右に振られてるため、最初は違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れます。キーボードは左にも振られている部分があるので、そこでバランスとってるのかもしれません。

 

13. When The Morning Turns To Night

ボーカル位置が前方ではなく、少し下がっていることもあって、バックサウンドに包まれた感じがする、独特な雰囲気をもたせた曲です。

ちなみに私、この曲を聴くと・・・ THE YELLOW MONKEY の「シルクスカーフに帽子のマダム」が聴きたくなるんですよね~。

 

14. Butterfly

この曲、弾き語りで進行します・・・・。更に楽器が重なって・・・という展開かと思いきや! そのまま弾き語りで終わります・・・。おまけのような感じです。

 

久しぶりの LENNY KRAVITZ「MAMA SAID」でしたが、このアルバム好きです。
ここ数日、夜はこのアルバムを流しながら過ごそうと思いました。

 

映像で楽しむ  LENNY KRAVITZ「MAMA SAID」

シングルになった曲は結構あるので、PVも同じくらいあるかと思いきや・・・。
見つけられたものをここで紹介しますね。

Lenny Kravitz - Stand By My Woman

 

Lenny Kravitz - Always On The Run (Official Music Video)

 

 

あとがき

今回紹介した LENNY KRAVITZ「MAMA SAID」ですが、一時期、夜には必ず聴いていた時期がありました。

また、『It Ain't Over 'til It's Over 』は車の中でオムニバス形式で録音したテープ/MDでよく聴いていました。

ちょっと大人な雰囲気で楽しみたい時にはうってつけの感じが好きでしたね。

いつか、当時と同じように曲順考えてオリジナルのオムニバスを作って遊んでみようとLENNY KRAVITZ のアルバム紹介していたら思いました。

機会があれば、このブログででも発表したいですね。

 

あっそうそう、 LENNY KRAVITZ「When The Morning Turns To Night」聴くとイエモンの曲聴きたくなるんです・・・と収録曲へのコメントに記載してますねぇ~。

ということで、

LENNY KRAVITZ「When The Morning Turns To Night」とTHE YELLOW MONKEY 「シルクスカーフに帽子のマダム」の2曲をここで。

LENNY KRAVITZ「When The Morning Turns To Night」

 

THE YELLOW MONKEY「シルクスカーフに帽子のマダム (Remastered)」

 

ラストでなぜかイエモンが出てきちゃいましたが、

今回は LENNY KRAVITZ「MAMA SAID」(1991年)アルバム・レビューでした。

 

ANNIVERSARY ALBUMも発売中!

 

もちろん12inchレコードも今ならお求めできます

それでは・・・またねぇ~。