DURAN DURAN「SEVEN & THE RAGGED TIGER」(1983年)アルバム・レビュー【Collection#244】

モダンな雰囲気に包まれたエレクトリックなサウンドが当時、大人気だったバンド デュラン・デュラン。1982年4月に初来日公演を成功させた翌年に3作目となる『SEVEN & THE RAGGED TIGER』をリリース。当初からダンスミュージックを取り入れながら80年代前半大人気でした。

 

こんな方におすすめ

  • ニューロマンティックムーヴメントに浸ってみたい方
  • ダンスミュージックを取り入れたバンドに興味がある方
  • 80年代前半のイギリスのニューウェイヴ・ロックバンドに興味がある方
  • バンド名は聞いたことがあるけど、まだ楽曲を聴いたことがない方
  • より力強く80年代前半、バンドの頂点に達したアルバムに興味がある方

 

 

DURAN DURAN「SEVEN & THE RAGGED TIGER」(1983年)

 

まずは、この曲からスタート 「The Reflex」 

実はこのDURAN DURANのサウンドは好きではないんです。
こんな事を書いてしまうと、元も子もないのですが、、、それでもこの曲、イイ曲なんですよね。特にライブの映像付きだと・・・。

Duran Duran - The Reflex (Official Music Video)

 

アルバム「SEVEN & THE RAGGED TIGER」あれこれ

このアルバムですが、DURAN DURAN の3枚目のアルバム。
1982年4月に初来日公演を行っています。
当時のロック・ポップス、特に洋楽ファンの間では、メンバーのルックスもカッコいいと来たら、当時のロック少女たちは黙っているわけないでしょう。。。日本でも大人気バンドでした。

サウンドはダンスミュージックの要素を取り入れたバンドでしたね。
ニュー。ロマンティック・ムーヴメントって、彼らのためにできたような気もするくらい。

前の2作のアルバムにもイイ曲多いのですが、エレクトリックなサウンドは個人的に好き嫌いがはっきりするんですよね。

で、DURAN DURAN の場合はどうかというと・・・曲によって変わるってのが結論です。このアルバム収録曲だと2曲目の『New Moon On Monday』は好きです。

当時、このアルバムは近所にあった輸入レコード専門のレンタル屋さんがあったんですが、そこで借りて、テープに録音して聴いていました。

まぁ、洋楽ヒットチャートなどから どんなのか気になってましたから・・・。
しかし、この頃になると、ロックバンドとしての刺激的な部分が感じられないと、どうしても好きになれなかった時期でもあるので、それほどのめり込まなかったのが正直なところ・・・。

更にもっとポップな雰囲気だったら、好きになっていた曲は多かったかもしれません。

その後、時が経つにつれ、どうしても『New Moon On Monday』が聴きたくなったので、CDを購入したんですよねぇ~。

 

 


TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★☆☆☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★☆☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★☆☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★☆☆☆
イージーリスニング評価       :★★★☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★☆☆☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

視聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

1. The Reflex

シングルヒットした曲。サントリーウィスキーのCFソングでもありました。


2. New Moon On Monday

この曲が聴きたくて,CD購入したような感じでしたね。この曲好きなんです。 


3. (I'm Looking For) Cracks In The Pavement

ゆったりとした楽曲。バックのサウンドが好きか嫌いかで分かれるんだよねぇ~。この手のバンドは・・・。


4. I Take The Dice

この曲は結構好きだったりします。でもね、エレクトリックなサウンドがちょっとねぇ~・・・とも思ってしまう。
 

5. Of Crime And Passion

結構、ギターサウンドも入ってるんだが、どうしてもサウンドが苦手な感じです。

 

6. Union Of The Snake

ゆったりとしたテンポなのだが、もっとアップテンポで聴きたい・・・と思うのは私だけだろうか? 結構イイ曲だと思うのだが・・・。

 

7. Shadows On Your Side

なんか明るい雰囲気も感じる楽曲ですが、暗く感じるんです・・・。

 

8. Tiger Tiger

まったりと、ゆったりと・・・。

 

9. The Seventh Stranger

この曲、やはり夜が似合う。結構、この曲好きかもしれません。

 

 

久しぶりの DURAN DURAN「SEVEN & THE RAGGED TIGER」でしたが、当時の印象とあまり変わらなかったが、この曲好きかも!っていうのが増えた気がします。

 

映像で楽しむ  DURAN DURAN「SEVEN & THE RAGGED TIGER」

結構、この日本のTV出演映像って海外でも人気なんだろうなぁ~。
Duran Duran - New Moon On Monday (Official Music Video)

 

 

あとがき

なんだろう・・・。中学生時代に洋楽好きになり、ヒットチャートも気になっていろいろな音楽に興味を持った時期でしたねぇ~。

当時は好きとか嫌いとか よりも洋楽に興味があったんですよね。と同時に自分の好きな感じの音楽ってのもなんとなくわかっていたんだと思います。

DURAN DURAN が好きだった人には申し訳ない!
そんなに好きなサウンドではないのが正直なところ。

しかし、DURAN DURAN って凄いのは、あの曲、どんな感じだったっけ? ってたまに気になるんですよね。

で、たまに聴いてみる・・・。そして、「あー、そうだった、こういうのだった」ということを繰り返しています。

 

今回は DURAN DURAN「SEVEN & THE RAGGED TIGER」(1983年)アルバム・レビューでした。

 

 

それでは・・・またねぇ~。