ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

はじめて聴いたラジオ番組って何?【#6】

お元気ですか? TOMOZY(トモジー)です。

 

 突然ですが、あなたが初めて聴いたラジオ番組って何?

・受験勉強中に聞き始めた 深夜の あのラジオ番組?
・休みの日に朝から家で流れてた 爽やかな あのラジオ番組?
・とにかくパーソナリティの話が面白かった あのラジオ番組?
・いつも好きな曲のランキングが気になった あのラジオ番組?
・休日のドライブで旅のお供になった あのラジオ番組?

 

f:id:TOMO-ZY:20200326230837j:plain

■ラジオ放送の想い出(幼年期)

 私の中で一番古い記憶にあるラジオ番組を思い返してみることにした。

ラジオ放送に関して印象深いのは、幼年期の頃、祖父母の家でテレビがない部屋から流れる「プロ野球中継」が一番古い記憶である。
ラジオのアンテナをピンと伸ばし、たまに受信が悪くなるとアンテナを少し動かして受信感度が良いところを探すって動作を憶えている。

また、ラジオ受信機でもよく遊んだ。ダイヤルを回して、放送チャンネルを探している間に出るザーとかピローっていう音でダイヤルを回す速さを調整して変な音を出して遊んだり、かすかに聞こえる人の声や音楽などを探したりして・・・。

 

■ラジオ放送と散髪屋

記憶に残るラジオ番組といえば、近所の散髪屋さんでのAM放送。


小学生の頃、散髪屋さんに行くのはいつも土曜日だった。

まだ土曜日は午前中だけ授業があった時代。

たしか人生相談のような内容が流れることが多かった記憶。。。

とくに洗髪後、顔にあたたかいタオルをかけられながら聴くラジオから流れる人の声は心地がよかった。。。

余談だが、散髪の順番を待っている時間はいつラジオ放送を聴きながら漫画を読んでいたものだ。。少年マガジン、少年サンデー、少年ジャンプや単行本。懐かしい記憶。

なにげに、ラジオ放送というものは身近な存在だった。

 

■自身で選局して聴いたラジオ放送

自らの意思でラジオ放送を聴くようになる切っ掛けは、土曜日の午後は洋楽が流れるTOKYO FMの「ポップスベストテン」。中学生になって、この番組を聴きながら昼寝してしまったり、気に入った音楽に出会えたり、、、。
この番組は私が車の免許を取得し、車を運転しだした時もよく聴いた番組。
FM放送局も関東地区は激戦区、1988年(昭和63年)には「J-WAVE」、「NACK5」が開局。車の中でラジオを聴く時、どのチャンネルに合わせるべきか? 面白そうな番組を探して、チャンネル合わせては変え、合わせては変えて・・・。

時代は平成になってから・・・好きになったラジオ番組もちょっとだけ。


TOKYO FM「JET STREAM」 真夜中 午前零時~

車の中で聴く
家の中

TOKYO FM「NISSAN あ、安部礼司」日曜日17時~

 

■受験生とラジオ放送

話を中学生時代に戻そう。そう、受験生のおとも?ともいうべき 深夜放送。

文化放送の「吉田照美のてるてるワイド
この番組の中で中学生3名がチームを組んでクイズに答えるコーナーがあったような記憶があります。そのコーナーは好きだった。
また、放送時間帯の中で入れ替わりアイドルやタレントがパーソナリティを務めるコーナーもあり、飽きさせない構成だった。

  

同じく文化放送「ミスDJリクエストパレード
女子大生がパーソナリティを務める番組で、その後、芸能界入りやアナウンサーになった方も・・・。番組名はもしかすると「ミスDJ電リクパレード」だったかな?
内容的にはハガキによる音楽のリクエスト番組。私もハガキ送ったなぁ~。
一度だけ、リクエストしたハガキが読まれ、リクエストした曲が流れた時は興奮しましたよ。

 

ニッポン放送の「オールナイトニッポン
「ミスDJリクエストパレード」と時間帯がかぶっていたこともあり、曜日によって聴く番組を変えていました。同年代の方は、私と同じような聴き方をしていた人も多いのではないでしょうか?

 

ラジオ番組とテレビ番組の違いとして
当時、テレビはお茶の間に一台。複数で観ることが多かった。
それゆえ、あまりパーソナル感は感じなかった。
でも、ラジオ番組はなぜかパーソナル感が強い。聴き始めた時はひとりで聴くことが多かったこともあるが、声・音だけの情報を聴き入ったり、空想したりする時もあった。それゆえに自分だけの秘密の時間って感覚が強かったのかもしれない。

 

最近の中学生や高校生はラジオ番組って聴くのかなぁ??

 

 

まとめ 

 今2020年(令和2年)スマートフォン時代 
アプリで「radiko」も登場してる。ラジオの聴き方も変わってきたのかもしれない。

それではまた!TOMOZY(トモジー)でした。


 

あとがき

 

子どもの頃、将来やりたいこと/夢 は いくつかあったようだ。

そのうちの一つはなんと、サラリーマンになる なんて事を言っていたようだ。
なんとか、この夢は叶った。

その他、自分が憶えているところでは。
好きなモノの販売店経営、ロックスター、アーティスト、詩人、、、、
ラジオ番組のパーソナリティ。

さて、この先、何ができるかな!?
やりたいことが出来たら、やってみようと思う。