ナツカシ E じゃん!

私が所有する音楽CDをメインに紹介しています。たまに「これ懐かしい!」、「これイイじゃん!」というモノやコトなどを綴るブログです

ROD STEWART「BLONDES HAVE MORE FUN(スーパースターはブロンドがお好き)」(1978年)アルバム・レビュー【Collection#202】

ソロ通算9枚目のアルバム。ディスコ・ミュージックの要素を取り入れた楽曲「Da Ya Think I'm Sexy?」が大ヒットします! しかし・・・この楽曲とよく似た楽曲がすでに存在していたため・・・裁判沙汰となったのだった! その裁判結果は・・・。 こんな方にお…

ROD STEWART「FOOL LOOSE & FANCY FREE(明日へのキック・オフ)」(1977年)アルバム・レビュー【Collection#201】

ソロ通算8枚目のアルバム。この頃のバックバンドには Carmine Appice(カーマイン・アピス)がドラムで参加してたっけ。収録曲は8曲! アップテンポの楽曲とスローテンポの楽曲がうまく配置されたアルバム! 32歳のRod Stewart(ロッド・スチュアート)の…

LIBERATORS「ACCESS DENIED」(2000年)アルバム・レビュー【Collection#200】

1998年頃から フィリップ・ルイス(ボーカル)のソロ活動として PHILIP LEWIS BANDという名義で活動していました 。このバンドに元FASTER PUSSYCAT のブレント・マスカット(ギター)とエリック・ステイシー(ベース)が加入したのを機にバンド名を LIBERATO…

TORMÉ「BACK TO BABYLON」(1985年)アルバム・レビュー【Collection#199】

アイルランド出身のギタリスト Bernie torme(バーニー・トーメ)。元GIRLのフィリップ・ルイスをボーカリストに迎えたバンド TORMÉ(トーメ)の1stアルバム。1985年にLPリリース。1989年に1曲追加してCD化されたアルバムである・・・。当時、ギタリスト Ber…

MANIC STREET PREACHERS「STARS AND STRIPES (GENERATION TERRORISTS US MIX)」(1992年)アルバム・レビュー【Collection#198】

MANIC STREET PREACHERS メジャーデビューアルバム「GENERATION TERRORISTS」のUSデビューアルバムと思いきや!! 実際は日本編集盤のアルバムなんです! イギリスでの人気と同様、日本でも「こいつらは本物か!? 偽物か!?」 なんて議論はどうでもいい! …

L.A. GUNS「COCKED & LOADED」(1989年)アルバム・レビュー【Collection#197】

1988年にメジャーデビューアルバムを発売し、11月には初来日公演(東名阪計6本)!翌年には2ndアルバムのレコーディング開始!そして8月にこの2ndアルバム「COCKED & LOADED」をリリース!! 1st・2ndともにアメリカでプラチナディスク獲得!! こんな方に…

L.A. GUNS「L.A. GUNS」(1988年)アルバム・レビュー【Collection#196】

1983年 ロサンゼルスを拠点に Tracii Guns(トレイシー・ガンズ)を中心に結成されたバンドが L.A. GUNS だった!! その後、あの W. Axl Rose(アクセル・ローズ)も在籍していた時期もあったり、W. Axl Rose(アクセル・ローズ)と Izzy Stradlin(イジー…

JUSTY-NASTY「LOVE」(1989年)アルバム・レビュー【Collection#195】

メジャーデビューアルバムから約半年に早くも2ndアルバムを発売! しかもインディー時代や 1stアルバム収録曲を再収録したバージョンもあるってんだから・・・・常にその時のベストをリリースしたいんだろうなぁ~・・・。 こんな方におすすめ 紆余曲折、い…

JUSTY-NASTY「CRASH」(1989年)アルバム・レビュー【Collection#194】

インディーでのアルバム「PLEASURE OF THE SLUTS」が好きだった。それほどバンドに関して詳しくなかったけど、メジャーデビューするというので、この「CRASH」を購入してみたんだが・・・。ギタリストが交代していた!! 音楽性も変わってた!? こんな方に…

NICK LOWE「BASHER : The Best Of NICK LOWE」(1989年)アルバム・レビュー【Collection#193】

パブ・ロック 代表的なアーティストは Dr.Feelgood とかNick Loweとか、David Edmunds とか・・・。今回はNick Loweのベストアルバムを紹介します! こんな方におすすめ パブ・ロックって何だ?と思った方 70年代、イギリスの酒場で演奏されるロックナンバー…

DAVE EDMUNDS「INFORMATION」(1983年)アルバム・レビュー【Collection#192】

イギリスで流行した、パブ・ロックって何だ? パブ(Public house)というお酒を提供する公共の場所で演奏するバンド群の総称 (※売れ線で演奏場所を確保できるバンドとは違った魅力があるバンドも多かった) ローカル・ミュージシャンにも刺激を与えたバン…

ROCKY SHARPE AND THE REPLAYS「RAMA LAMA」(1979年)アルバム・レビュー【Collection#191】

50年代~60年代のコーラスグループに影響を受けたROCKY SHARPE。1970年代前半はロッキー・シャープ&レイザーズというグループを結成。その後、俳優を目指すROCKY SHARPEだったが、CHISWICK RECOERDの創始者のひとり、テッド・キャロルに新しいグループを作…

ROBERT GORDON「ARE YOU GONNA BE THE ONE」(1981年)アルバム・レビュー【Collection#190】

ロバート・ゴードンが9歳の時にエルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を聴いてロックンロールを志す! そして・・・オールディーズマニアの間で有名な人物になっていきます!! 70年代後半以降、若者に人気のストレイ・キャッツ。ちょっと大人…

ROBERT GORDON「ROCK BILLY BOOGIE」(1979年)アルバム・レビュー【Collection#189】

ロカビリー充実期(ピュア・ロカビリー)から約20年後・・・NEW YORK で 二組のロカビリーバンドが注目を浴びていた!! ブライアン・セッツァー率いる STRAY CATS・・・そしてロバート・ゴードン率いる THE WILD CATS ・・・。どちらもパンク風味の味付けが…

WHITESNAKE「WHITESNAKE(SERPENS ALBUS)」(1987年)アルバム・レビュー【Collection#188】

アメリカ進出を果たしたWHITESNAKE(ホワイトスネイク)だったが、中心人物のDavid Coverdale (デイヴィッド・カヴァデール)は過去にもトラブルを飲み込んで巨大化していく白蛇のように・・・今回もトラブルを肥やしにしてしまった!! こんな方におすすめ…

VALENSIA「GAIA Ⅱ」(2000年)アルバム・レビュー【Collection#187】

オランダのVALENSIAがデビューアルバム「GAIA」の続編と言われる「GAIA Ⅱ」をリリース! 楽曲を書いた時期は、2ndアルバムよりも前だっていう・・・。本来ならば、これが2ndアルバムだったかもしれない通算4枚目のフルアルバム!! こんな方におすすめ コー…

BUSTER POINDEXTER「BUSTER GOES BERSERK」(1989年)アルバム・レビュー【Collection#186】

前作のタキシードを着た、BUSTER POINDEXTER が、2ndアルバムでは、ガードマンにお店から追い出されちゃった!? って愉快なアルバムジャケットで登場! しかし、収録された楽曲は前作同様、BUSTER POINDEXTERが楽しむジャイヴ・ミュージックや酒場音楽が満…

BUSTER POINDEXTER「BUSTER POINDEXTER」(1987年)アルバム・レビュー【Collection#185】

大人ムード満載の楽曲を歌うこの人! どこかで見たようなルックス! 蝶ネクタイ・タキシードを着て、髪はオールバックでマティーニ飲んでいるジャケット! ・・・この顔は 元NEW YORK DOOLS のフロントマン! David Johansen (デヴィッド・ヨハンセン)ではな…

MATT BIANCO「WHOSE SIDE ARE YOU ON」(1984年)アルバム・レビュー【Collection#184】

不思議な魅力をもった音楽を展開するMATT BIANCO(マット・ビアンコ)! シングル曲を中心にサウンドトラックのように構成された 1stアルバムここに誕生! こんな方におすすめ ちょっとだけ背伸びしたお洒落に興味がある方 スウィング・ジャズの要素も取り入…

MATT BIANCO「MATT BIANCO」(1986年)アルバム・レビュー【Collection#183】

どこまでも落ち着いた雰囲気を漂わせる。だからと言って、お高くとまることもない・・・不思議な魅力をもった音楽を展開するMATT BIANCO(マット・ビアンコ)! こんな方におすすめ ちょっとだけ背伸びしたお洒落に興味がある方 スウィング・ジャズの要素も…

WHITESNAKE「SLIDE IT IN」(1984年)アルバム・レビュー【Collection#182】

元ディープ・パープルのボーカリスト:David Coverdale(デイヴィッド・カヴァデール)がソロ活動を経てバンドとして活動開始! 最初のミニアルバムは 「David Coverdale's Whitesnake」という名義のバンドだった! それが1978年の事・・・。 こんな方におす…

AEROSMITH「GET YOUR WINGS」(1974年)アルバム・レビュー【Collection#181】

野獣生誕の翌年(1974年)・・・AEROSMITH(エアロスミス)の2ndアルバムがリリースされた! 実はこのアルバムが日本におけるエアロスミスのデビュー作品だった!! 邦題は「飛べ!エアロスミス」って名付けられたのだった!! こんな方におすすめ 70年代の…

AEROSMITH「AEROSMITH」(1973年)アルバム・レビュー【Collection#180】

「野獣生誕」これが日本における AEROSMITH(エアロスミス)の1stアルバムが発売された時につけられた邦題である。(日本では 2nd「GET YOUR WINGS」が最初にエアロの作品リリースだった・・・) こんな方におすすめ 70年代の日本におけるロックのBIG3と言え…

WAYSTED「THE GOOD THE BAD THE WAYSTED」(1985年)アルバム・レビュー【Collection#179】

元UFOのメンバーにより結成されたWAYSTED(ウェイステッド)! 1作目は UFOと同じCHRYSALIS からだったが、2作目のミニアルバム から MUSIC FOR NATIONS への移籍! パワフルでストレートなハードロックを聴かせてくれる!! こんな方におすすめ 後期UFOのよ…

METALLICA「MASTER OF PUPPETS」(1986年)アルバム・レビュー【Collection#178】

METALLICA 3枚目のアルバム・・・。人気を不動のものになりつつある中、ヨーロッパツアーの移動中の事故により、亡くなったカリスマベーシスト:Cliff Burton(クリフ・バートン最後の作品・・・・。 こんな方におすすめ スラッシュメタルの先駆者的存在に興…

METALLICA「RIDE THE LIGHTNING」(1984年)アルバム・レビュー【Collection#177】

衝撃のデビュー作「Kill 'Em All」から約1年後、マネジメント事務所との契約、メジャーレーベル エレクトラとの契約と順調に活動基盤を固めていったMETALLICA。より叙情的なフレーズも増え、曲構成も複雑になった2ndアルバムが発売された!! こんな方におす…

ROUGH CUTT「ROUGH CUTT」(1985年)アルバム・レビュー【Collection#176】

音楽性はキャッチーな面を持っていたが、過激なルックス、過激なライブパフォーマンスのため、史上最悪のバンドとしてデビューすることに!! ロサンゼルスから世界へ魔人伝説がここに始まった・・・。 こんな方におすすめ 80年代のロサンゼルス勢の中でも歌…

W.A.S.P.「W.A.S.P.(魔人伝)」(1984年)アルバム・レビュー【Collection#175】

音楽性はキャッチーな面を持っていたが、過激なルックス、過激なライブパフォーマンスのため、史上最悪のバンドとしてデビューすることに!! ロサンゼルスから世界へ魔人伝説がここに始まった・・・。 こんな方におすすめ 80年代のロサンゼルスに現れた地獄…

LINDSAY LOHAN「SPEAK」(2004年)アルバム・レビュー【Collection#174】

3歳からモデル事務所に所属して活躍していた LINDSAY LOHAN(リンジー・ローハン)は、映画「フリーキー・フライデー(Freaky Friday)(邦題はフォーチュン・クッキー)」に出演。映画も大ヒットし、 アメリカで最も人気のあるティーン・アイドルとなった!…

PULP「DIFFERENT CLASS」(1995年)アルバム・レビュー【Collection#173】

ボーカル :Jarvis Cocker(ジャーヴィス・コッカー)の活動自体は70年代後半から始まります。このアルバムはメジャーレーベルからの発売としては2枚目、インディーから数えれば6枚目(未発表企画盤含む)のアルバム! どことなくグラムロックにも通じるブリ…