ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

METALLICA「KILL 'EM ALL」(1983年)アルバム・レビュー【Collection#33】

1980年代前半、スラッシュメタルの呼称ができた火付け役のデビュー作。   

日本国内版は1984年発売だったかな? Nexus International(キングレコード)から。
日本国内版タイトルには「血染めの鉄鎚(ハンマー)」ってジャケット表紙を表現したものだった。

 

 

広告

 

 

目次

 

 

こんな方におすすめ

・速いギターリフと速いツーバスプレイでヘッドバンキングしたい方
・スラッシュメタルってなんだ?と興味を持たれた方
・NWOBHMの文字を見て、ソワソワしちゃう方
・LAメタルはヘヴィメタルじゃない!と思う方
・実はPOPS好きだけど、ちょっと興味があって聴く勇気のある方

METALLICA(メタリカ)について

1970年代後半、アメリカにおける英国で起こったムーブメント:NWOBHM(ニューウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)に触発されたドラム担当のLars Ulrich(ラーズ・ウルリッヒ)がJames Hetfield(ジェイムズ・ヘットフィールド)と出合いバンド結成。

Lars Ulrich(ラーズ・ウルリッヒ)はデンマーク出身。十代の時にアメリカに移住。


結成当初のギターは、Dave Mustaine(デイヴ・ムステイン )。
そう、ご存じの方も多いでしょうが、MEGADETH(メガデス)の創始者でボーカル&ギター(曲作り)を担当しているDave Mustaine(デイヴ・ムステイン )です。

Dave Mustaine(デイヴ・ムステイン )はMETALLICA(メタリカ)で、ギター以外にも曲作りも行っていたのに・・・・1stアルバムレコーディング直前に、突然の解雇!
理由はメンバー間での大喧嘩・・・。で結局、Dave Mustaine(デイヴ・ムステイン)がバンドを去ることになった。

この1stアルバム「KILL 'EM ALL」にはソングライティング記載を良く見るとDave Mustaine(デイヴ・ムステイン )の名前が記載された楽曲もいくつか収録されている。

新しいギタリストとしてEXODUS(エクソダス)のKirk Hammett(カーク・ハメット)が加入し、1stアルバムを作成。

同時期になるのだろうが、上記に登場したバンドたち、MEGADETH(メガデス)、EXODUS(エクソダス)の他にも、ANTHRAX(アンスラックス)、SLAYER(スレイヤー)とともにMETALLICA(メタリカ)はアメリカを代表するヘヴィメタルバンド≒スピードメタルバンド≒スラッシュメタルバンドとして君臨する。

METALLICA(メタリカ)のその後の活躍は留まることなく進化していく。
アルバムを発表する毎に少しずつ進化しながら、今なお、ロック界の重鎮として君臨している。

一般的にはヘヴィメタルという音楽はお堅い方々からは毛嫌いされる傾向にあるのだろうが、、、2016年には・・・アメリカ議会図書館が行っている、文化的、歴史的、芸術的に重要な録音物を保存する目的の制度の「国家保存重要録音登録制度(英語版)」に3rdアルバム「Master of Puppets」が登録されたのである。

初期のMETALLICA(メタリカ)は、口コミでのファン獲得が凄かった。もともとMETALLICA(メタリカ)自体はファンとの共同体と主張していたこともあり、特別な存在としてMETALLICA(メタリカ)を崇拝する信者が増えていったのでしょう。

そういえば、80年代前半はミュージックビデオが全盛のころなのに、初期の頃はプロモーションビデオはなかったね。

レコード会社やマネージメントサイドの宣伝方針なのか宣伝費の問題なのか?本人たちの意思なのはわかりません。。。

でも凄い勢いでファン獲得に繋がったのは、精力的なライブツアーだったんでしょうね。当時のライブもすごくカッコイイものだったんだろうね。きっと。

アルバム「KILL 'EM ALL」発売当時のメンバー

Vo&G:James Hetfield(ジェイムズ・ヘットフィールド)
G:Kirk Hammett(カーク・ハメット)
Ba:Cliff Burton,(クリフ・バートン)
Ds:Lars Ulrich(ラーズ・ウルリッヒ)

METALLICA(メタリカ)の音楽性

NWOBHM(ニューウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル)やハードコアに影響を受けた感じ。

そして、初期作はとにかく速く、アグレッシブに攻める、攻める!といった感じで、バイオレンスの塊のようなハード&ヘヴィな感じであるが、シャープな音質である。

決して、耳障りなノイジーサウンドではなく、むしろ綺麗でタイトなサウンドで聴きやすい! もちろん、ギターサウンドは歪んでいますが・・・。聴きやすい!

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★★
キャッチー楽曲収録評価       :★☆☆☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :☆☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :☆☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

収録曲へのコメント※曲順は所有するCD(Sony Records版)の曲順です。

1.HIT THE LIGHTS

準備運動?として鳴らす音がフェードインしながら、やってくる。そしてギターのピックスクラッチ(言葉で音を表現すると・・ギューーンとかキューーンとか)が合図で始まるメタリカの物語!

1曲目から全開です!ドラムかギターに合わせてヘッドバンキング!
ギターソロではエアギターを決めちゃってください!

2.THE FOUR HORSEMEN

ソングライティングにDave Mustaine(デイヴ・ムステイン )の名があります!。ザグザグしたギターリフに酔いしれながら・・・。 途中の展開が切り替わりながら約7分間、この世界観を堪能しよう!

3.MOTORBREATH

攻めまくるギターリフ。ドラムも負けじとリズムを刻む。そしてタム回しも速く!アルバム中一番短い曲! ハードコアチックな楽曲。

 

4.JUMP IN THE FIRE

ゾクゾクするギターリフで始まり、サビの♪ JUMP IN THE FIRE ♪ が少し可愛く聴こえるのは私だけ? ソングライティングにDave Mustaine(デイヴ・ムステイン )の名前あり。

 

5.(ANESTHESIA)-PULLING TEETH

謎のインストナンバー。

 

6.WHIPLASH

おどろおどろしいフロアタムがこれから始まる、左右のギターによるピッキング対決?を盛り上げる!?。ピックを持った腕はつらないのだろうか?と当時本気で思った。

 

7.PHANTOM LORD

イントロもカッコいい準備運動か!?そしてヘッドバンキングしてください!って。そして、展開がゆっくりと静かに・・・そして重々しいギターの後、待望のギターソロ! ソングライティングにDave Mustaine(デイヴ・ムステイン )の名前あり。


8.NO REMORSE

ギターリフ、ドラムに合わせてヘッドバンキングしてもよし!ギターソロでエアギターを決めるのも良し! もちろん、一緒に歌っても良し!結構シンプルな曲。そんなに早くもないので乗りやすい!


9.SEEK & DESTROY

印象的なイントロがたまらなくカッコイイ。そして左右からのギターサウンドに酔い知れながら、James Hetfield(ジェイムズ・ヘットフィールド)と一緒に叫びましょう!そして途中から速いギターリフからギターソロは全力でヘッドバンキング!かな!?

 

10.METAL MILITIA

ラストはやはり、全力でヘッドバンキング!ちょいと速いので気を付けよう!!

 

TOMOZY(トモジー)の個人的なアルバムにまつわる想い出

高校時代はハードロック、ヘヴィメタル好きも多かったため、METALLICAを流しながら、みんなでヘッドバンキングをしたものです。結構、首は鍛えられたかな・・!?

高校時代にスラッシュメタルブームが到来したんだよ。
学校での発端はMETALLICAの2ndアルバム「Ride the Lightning」だったんだけど・・・

ロック話に花が咲いて、METALLICAカッコイイ!!話になり、2ndの1曲目の綺麗なイントロから突然激しくなる瞬間が大多数のお気に入りとなった。
この2ndアルバムが高校で大人気になった。(仲間うちのロックファンのみだけどね)

そして、今回紹介した1stアルバム「KILL 'EM ALL」の収録曲とごちゃ混ぜにして録音したカセットテープを聴きながら、騒いでましたね。。。。
そのカセットはヴァージョンアップされ、アメリカのスラッシュメタルバンドがいつの間にかに追加されたモノに変わっていたり・・・(みんなカセットに録音して持ってくるから・・・)。でも1曲目は必ずMETALLICAだった記憶。

それまでは、アイアンメイデンを筆頭に ジューダスプリーストなどで盛り上がってましたね。

そして、同時期にLAメタルブームからのグラムロック/パンクロック/ハードロックンロールブーム(仲間うちでのHANOI ROCKS好きの集まり)も訪れる・・・。

無邪気な青年たちのヘッドバンキング・・・しかも教室で・・。あと、屋上で・・。
あの頃の青い空は今も・・・・・。


 

あとがき

久しぶりにこのアルバムを聴きましたが、やはりカッコいいですね!
でも、なんか聴きやすい! 時代的な収録技術のせいなのか? ギターが全面に出てくるけど、聴きやすい。むしろキャッチーなサウンドに聴こえる!!!???

2ndアルバム「Ride the Lightning」も聴きたかったけど、、、見つからず。
どこに行ったのかな!? 見つけたらいずれ紹介します!
 

 

広告

 

 

これからも自身の音楽コレクションを中心に「コレ 懐かしい!」、「コレ いいじゃん!」と思うものを紹介していきます。少しでも楽しめたり、他にも興味が沸いたり、今後も(たまには)立ち寄ってもいいと思われたら、「読者になる」ボタンを押していただけると幸いです。これからの励みにもなりますので、応援よろしくお願い申し上げます!