ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

PRESENCE「PRESENCE」(1987年)アルバム・レビュー【Collection#28】

デビュー前からメジャーに引けをとらない動員数を誇ったロックバンド!

 

目次

 

 

こんな方におすすめ

・ソリッドであり、ヘヴィであるがキャッチーな楽曲が好きな方
・HR/HMも好きだけど、それに囚われないバンドに興味がある方
・ハイトーンで歌うボーカルがお好きな方
・爽快感、哀愁、を音楽を通じて感じてみたい方

 

広告

 

 

PRESENCE(プレゼンス) について

高校時代、ジャパニーズ・ヘヴィメタル(ジャパ・メタ)好きの友人から、すげーバンドがいるんだよ!って教えてもらったのが・・・

関西のバンド、PRESENCE(プレゼンス)! 1987年の事。

その頃、私の音楽的趣向というかブームというか、日本のロックバンドへの興味は、RED WARRIORS(レッドウォーリアーズ)やZIGGY(ジギー)などだった。

それでも「いやー、きっと気に入りるよ!ライブもスゲーし!」って言われて・・

当時の音楽雑誌ロッキンf(1987年7月号)の付録(ソノシート)にPRESENCE(プレゼンス)の「ROCK'N ROLL」という曲が付いていました! 

f:id:TOMO-ZY:20200627102033j:plain

 

たしかに! たしかに! カッコよかった!!


当時、ハイトーンで歌うボーカルが苦手になっていた頃だったんですが、耳障りではなかったし、ボーカルもサウンドも気に入りましたね!
バンドのルックスもちょっと派手目でカッコよかったね。


そして、その年(1987年)の秋にメジャーデビュー。

PRESENCE メジャーデビュー時のメンバー構成 ()内はステージネーム
Vo:西川 茂(SHIGERU)
G:白田 一秀 (RUDEE)
B:恩田 快人(RADY)
Ds:岡本 浩明(HIBARI)


1987年メジャーデビュー後、3枚のアルバムを発表するも1989年後半に解散。


PRESENCE の音楽性

基本路線はハードロックなのだが、POPな要素も存分に発揮されている。
メロディ/サウンドはカラっとしたものから湿っぽいものまで・・・幅広い。
ギターワークは一杉縄ではいかないフレーズやサウンドあり。小技も飛び出すテクニシャン!。

今回紹介するメジャー1stアルバム「PRESENCE」はどちらかというとウェット感を強く感じるアルバム。

明るめが好きなら、3rdアルバム「AWAKING DOGS」がおすすめ。
私も3Rdアルバム大好き!


TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/切ない楽曲収録評価       :★★★★☆
イージーリスニング評価       :★☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

アルバム「PRESENCE」収録曲※ 

※私の所有しているCD収録曲

  1. ROCK ME
  2. BAD BOY
  3. I LOVE YOU ONLY YOU
  4. SLOW DOWN
  5. SHE LOVES ME
  6. ROCK DRIVE
  7. NANATSU NO PIASU(7つのピアス)
  8. SHINKIRO(蜃気楼)
  9. LET'S DANCE

   NEXUS レーベル
      KING RECORDS CO.,LTD.
 

収録曲へのコメント

1.ROCK ME

ミドルテンポのロックナンバー。イントロでギターがちょっと遊んでいます!?
CHEAP TRICK(チープトリック)でおなじみ?のチャイムのフレーズが・・・。
楽曲の展開は途中でスローになったりと・・・


2.BAD BOY

こちらもミドルテンポで進むロックナンバー。ギター音色はカラっとしてても、湿っぽい楽曲!。ギターソロ、カッコいいです。ラストのリフレインされるサビは悲しすぎる。


3.I LOVE YOU ONLY YOU

なぜかEARTHSHAKER(アースシェイカー)を想い出してしまった楽曲。とにかくメロディアスな楽曲であることは間違いない。そして悲しい歌詞が続く・・・・。

 

4.SLOW DOWN

ロックンロールナンバー。歌詞もロックバンド的!? 途中からピアノも加わり雰囲気バッチリ!!?

 

5.SHE LOVES ME

ハードなロックナンバー!HR/HMを感じる楽曲でもある。

 

6.ROCK DRIVE

煽りから始まるロックナンバー! でも、サビは綺麗なメロディが少し見え隠れする、すがすがしい楽曲。

 

7.NANATSU NO PIASU(7つのピアス)

切ない・・・メロディがなんとも言えない雰囲気を持った曲。
メロディセンスはやはりHR/HM枠に囚われない感じが面白い。


8.SHINKIRO(蜃気楼)

何故か、アルバムの中で一番好きな曲が、この切なくも壮大な展開のバラード!
鳥肌モノのサウンドはいま、聴いても鳥肌が立ちます!
この曲があったおかげで、PRESENCEの次回作も購入したようなもの。
名曲です・・・。


9.LET'S DANCE

ロカビリーか?と思うドラムから始まり、激しいギターがのっかるロックナンバー。
ギターは暴れます! ギターソロ後に歓声が加わり、盛り上げてくれます。
 

 

TOMOZY(トモジー)の超個人的なアルバムにまつわる想い出

もともと、ジャパニーズ・ヘヴィメタル(ジャパ・メタ)好きの友人から紹介されたようなものだった。雑誌で名前くらいは知っていたバンド。

その紹介の仕方が、滅茶苦茶、興奮しながらだったような記憶です。。。
今でも元気にジャパメタ聴いてるのかな???

そういえば、ギタリスト白田一秀って、PRESENCEの前にRAJAS(ラジャス)ってバンドに一時期いたっけな。。。DEAD END(デッド エンド) のベース  CRAZY COOL JOE も一時期在籍してたっけ。。
などと、まったくPRESENCEと関係ないことも思い出してしまいました。

 
話をPRESENCEに戻そう。
紹介してくれた友人とのバンドで「ROCK'N ROLL」を演りましたが・・・。
ハイトーンなので、高音でませーん!!!!! で無理くりのへなちょこ歌唱となったのでした。。。
この前にもLOUDNESSやら44MAGNUMやらで苦しんだでしょ・・・!?。

教訓:自分に合った音域で歌える曲を演りましょう・・・。

 

広告

 

 

あとがき

久しぶりに PRESENCE のメジャー1stアルバム「PRESENCE」を聴きましたね。
本当は2ndアルバム「BLEECKER STREET」、3rdアルバム「AWAKING DOGS」も聴きたかったが、探し出せなかったので、探し出せたら紹介したいと思います。

これからも自身の音楽コレクションを中心に「コレ 懐かしい!」、「コレ いいじゃん!」と思うものを紹介していきます。少しでも楽しめたり、他にも興味が沸いたり、今後も(たまには)立ち寄ってもいいと思われたら、「読者になる」ボタンを押していただけると幸いです。また、コメントから感想などもお待ちしています。これからの励みにもなりますので、応援よろしくお願い申し上げます!

 

コメントを書く