ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

PINK SAPPHIRE 「P.S. I LOVE YOU」(1990年)ミニアルバム・レビュー【Collection#31】

イカ天で注目され、デビュー!1stシングルが大ヒットしたガールズバンド!

 

目次

 

こんな方におすすめ

  • 明るく弾けるハードポップサウンドを体験してみたい方
  • ヘヴィなギターサウンドのガールズロック好きの方 
  • イメージが先行して、聴かず嫌いで見逃してしまった方
  • テレビドラマ「キモチいい恋したい!」の主題歌が好きだった方

 

広告

 

 

PINK SAPPHIRE(ピンク・サファイア)について

テレビ音楽番組「平成名物TV/いかすバンド天国」に出演経験あり。
この時のメンバーとデビュー時のギターとボーカルは異なる。

経緯は正直、良く知らない。
ボーカルに関しては、デビュー時にレコード会社がスカウトした。

良くある話なのか?どうかも、わからないが・・・。いろいろあるのだろう。

デビューシングルとなる「P.S. I LOVE YOU」はテレビドラマ「キモチいい恋したい!」の主題歌に起用される。1stシングルからタイアップとは幸先イイ、スタートを切る。

しかもオリコンシングルチャート2位!と きた。

そして今回、紹介するミニアルバムは、その1stシングル曲を含む6曲入り。

ミニアルバム発売当時の PINK SAPPHIRE メンバー

Vo:AYAKO TSUKADA(塚田彩湖)
G:TAKAKO SUZUKI(鈴木孝子)
B:MIKI ISHIDA(石田美紀)
Ds:HARUMI KIKUNO(菊野晴泉)

 

PINK SAPPHIRE の音楽性

ハードロックを基本としたサウンドでメロディはキャッチーである。
また、初期の頃は外部作曲・作詞も多く、編曲 PINK SAPPHIREが目立つ。

ちなみに1stシングルの「P.S. I LOVE YOU」の作詞はベースのMIKI ISHIDA(石田美紀)である。

バンドメンバー以外の作曲・作詞でも、編曲 PINK SAPPHIREとして、自分たちが鳴らしたいギターサウンドを前面に押し出すハードなサウンドで勝負したのだろう! 自分たちの曲と言えるように・・・。

その後のアルバムでもブレることなく、キャッチーなメロディにハードなサウンドが魅力のバンドであったよね。ライブも結構ハードロックしてたし。。。

でも、どうしても当時の衣装が・・・・マイナス要素に・・。
ということでルックス点数は下げます。。
私の場合・・・顔のルックスではないので・・・悪しからず。


きっと、聴かず嫌いの人も多いバンドだと思います!!


ちなみに再結成した頃のルックスは★★★★★ですよ。。。

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★★
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★★
泣ける楽曲収録評価         :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :★☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★☆☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。   

収録曲へのコメント

1.P.S. I LOVE YOU

はじめてこの曲を聴いた時は イカ天時とメンバー違うし、なんか売れ線狙いのアイドルバンド的に映ったものだ。でも、パワーポップ感バッチリの良い曲ですよね。
SHOW-YAともPRINCESS PRINCESSともちょっと違うタイプに感じました。
まさにパワーポップバンドというのが合っているように感じます!

2.YOU'RE KIDDING !

サウンドもポップな感じでまとまった可愛らしい曲。
みんなで歌うサビは、初々しい感じです。
時々、ツーバス、ドコドコやってるし・・・。

3.綺麗になりたい

タイトな感じのキャッチーな曲。でもギターソロ、ツーバスドコドコとハードに攻めています。

4.YOU NEVER KNOW

少し落ち着いた感じのポップでハードな楽曲。どちらかというとPINK SAPPHIRE の中ではメロディアスな感じです。

5.真夜中のポートレイト

この曲はパワーポップ感バリバリです。イントロはまさにハードロックだが・・歌のバッキングは明るくもあり、歌を引き立てます! 
そして、曲の途中に一瞬ブレイク! 終わったのかと思ったが・・・終わってなかった!

6.ONE STEP UP

個人的には、この曲のバッキング時のギター、歪み具合が残念な感じなのだ(ヘッドフォンで聴いていると)。でもサビのコーラスなど、明るくて良い曲です。
 

 

 

2020年にPINK SAPPHIRE の曲を知るなら、この際、2019年発売のコンプリート・コレクションでしょう!

 

このジャケットのロゴ、今回紹介したミニアルバム「P.S. I LOVE YOU」に付録としてロゴのシール(ピンク地に黒文字)が入っていましたね。懐かしい!

 

TOMOZY(トモジー)の個人的なアルバムにまつわる想い出

まぁ、自分たちで作詞・作曲しなけりゃ、ロックじゃねー! なんて思っていた時もありましたねぇ~。

まぁ、1990年前半はやさぐれてた時期だったし。。。

でも、カッコイイ曲は、誰が演奏しててもいいじゃないですか。。
世の中にカバー曲も沢山、カッコイイのあるしね。好きなロックバンドもカバー曲出してますし。。。

個人的に、PINK SAPPHIRE は 聴かず嫌い・・・の代表バンドだったけど、今はベスト版を除いて、フルアルバムは全部持っています。。。。

ということで、PINK SAPPHIRE に関しては、「P.S. I LOVE YOU」をたまに聴きたくなるんですよ。そうすると他のアルバムの曲や他のシングル曲も聴きたくなるんですよ!なぜか!

別に特別な想い出があるわけじゃ、ないんですがね。。、

90年代のヒット曲って・・・結構ポップなメロディでバンドサウンドだったりして、音自体はぶ厚いけど・・・聴きやすい感じなのが多いんだよね~。

また、ヒット曲は自然と耳に入ってくることが多いからね~。
当時、ファンじゃなくても知っている曲が多い。

そして、そういった曲を今聴くと結構カッコいい とか いい曲じゃん

と思うのだった。 

 

広告

 

 

あとがき

聴かず嫌いの バンド/アーティスト も まだまだ、いるんだろうなぁ~。
もちろん、知らないバンド/アーティストで自分好みのも いるんだろうなぁ~。
きっと・・・・。


これからも自身の音楽コレクションを中心に「コレ 懐かしい!」、「コレ いいじゃん!」と思うものを紹介していきます。少しでも楽しめたり、他にも興味が沸いたり、今後も(たまには)立ち寄ってもいいと思われたら、「読者になる」ボタンを押していただけると幸いです。これからの励みにもなりますので、応援よろしくお願い申し上げます!