ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

BIG BANG BABIES「3 CHORDS AND THE TRUTH (the ultimate collection)」(1999年)ベスト・アルバム・レビュー【Collection#83】

1992年に1stアルバム発表・・。もう数年早いタイミングだったら・・どうなってた!?  って思わせるグラマラスなバンドのベストアルバム! ギタリストには、バンド解散後、Pretty Boy FloydやAlice Cooperなどに参加するKeri Kelli(ケリ・ケリー)が在籍していました!!

こんな方におすすめ

  • グラマラスなハードロックバンドに興味がある方
  • キャッチーなメロディをハードなサウンドで奏でるバンドが好きな方
  • イカした楽曲満載なら音質はちょっと我慢できると思う方
  • Keri Kelli(ケリ・ケリー)ってギタリスト 聞いたことある方
  • POISON、PRETTY BOY FLOYD の魅力に近い楽曲が好きな方

  

Sponsored Link

 

 

 

 

アルバム「3 CHORDS AND THE TRUTH (the ultimate collection)」について

 

BIG BANG BABIES として1992年、1994年に発表したアルバムからのベスト。

未発表音源も含めて、12曲入りとして発表されました。

 

Keri Kelli(ケリ・ケリー)が在籍してソングライティングまでしていたバンドということで、Keri Kelli(ケリ・ケリー)のファンの方は是非聞いてみてほしいです。

BIG BANG BABIES の音源としては、このベスト盤なら手に入りやすいかもしれません。


TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :★☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★☆

アーティストルックス        :★★★★☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

試聴コーナー (是非、再生しながら、記事の続きを読んでね)

 

収録曲へのコメント 

1. 8 arms

のっけからサビメロで攻めてきます! このサビメロのリフレイン、ギターサウンドと相まって中毒性のあります。 この曲1発でファンになっちゃいました! 好きな曲。

2.hear you say

2曲目、バラードです・・。早すぎ!って思いましたが、甘酸っぱい バックコーラス ♬ パッ パラララ・・ ♬ が泣かせます!?

3.stop the world

元気一杯!歌ってみました。・・そこそこノリが良い!

4. everybody loves my baby

アコースティックで表現しました! こんなバラードも演っています! 


5. bliss(maguro tataki)

曲タイトルの()内、なんだ? マグロ たたき!ってと思ったら、壮大な感じのインスツルメントで ギターが主役!! おっと、こういうグラマラスなバンドでは珍しいタイプの曲・・・。

6. everybody needs a hero

ノリが非常に明るいが、音質がこもった感じに聴こえるのが残念。場合によってはスピーカーやイヤホンをいろいろ試すか、イコライザー弄りまくってみたいくなる曲。 曲自体はスゲーカッコいいよ! 好きな曲。

7. saturday  night

ゆったりした感じで始まるが、ギターが入れば、ノリがいい感じに変わります。ミドルテンポなので、バックコーラスも唄いやすいですので、ご一緒に!! きっと歌ってみれば、楽しめると思います。 主旋律メロディは・・ どこかで聴いたことがあるような・・・無いような・・・。 、まぁ、気にしない! カッコ良ければよいのだ・・。

8. c'mon

滅茶苦茶ノリが良い曲! この曲も・・・どこかで聴いたことがあるような・・似たような曲もありますが、、それはそれで。。 自然と身体が動き出します!! この曲も好きな曲です! 一緒に♬ c'mon !♬って叫んじゃいましょう!! 

9. love drug

おっと!!! 綺麗なイントロから始まり、これまた、良い感じじゃないですか! 何気にライブ映えする楽曲かもしれません。

10. youth of today

曲展開が凝ってますが、ライブ映えしそうです。バックコーラスが叫びやすい感じなので・・・一緒に歌って盛り上げてください!

11.winter wonderland

この曲はスタンダードなクリスマスソングのカヴァー曲です。なんとなく毒々しい感じでグラマラスな感じがしつつ、バックコーラスは綺麗な感じのバランスがとても不気味に感じる・・・。そこがイイ・・。

10. bubble gum town

ノリの良い感じでスタートします。聴きこむと何故か、日本のバンドのように聴こえてくるのは何故だろう・・・。

 

 

この手のバンドが好きな方には、コレクターアイテムかもしれません。 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

BIG BANG BABIES(ビッグ・バン・ベイビーズ)の音楽性

 

キャッチーなメロディをハードなサウンドで奏でる音楽性。


LIVEでCheapTrickの 「surrender」を演奏したりもしていたようなので、キャッチーなメロディのロックは好きなようです。

 

80年代にロサンゼルスで活動していたグラマラスなバンドと同じようなハードロックバンドに影響を受けているのだろう。きっと・・・。

 

 

BIG BANG BABIES(ビッグ・バン・ベイビーズ)について

1990年代前半にロサンゼルスで活動していたバンド。

犬も歩けば”"Wanna‐be‐s”と呼ばれたロックミュージシャンにあたるってくらい、このようなバンドが沢山いたんだろうなぁ・・・・。

 

 

BIG BANG BABIES(ビッグ・バン・ベイビーズ)のメンバー

Vo:Kit Ashley(キット・アシュレイ)
    =Charlie Overbey(チャーリー・オーバーベイ)
    =Charlie Philips (チャーリー・フィリップス)
G: Keri Kelli(ケリ・ケリー)
Ba:Tweety Boyd(トゥイーティー・ボイド)

初代Ds:Freddie Ferrin (フレディ・フェリン)
二代目Ds: Keith Morgan(キース・モーガン)=Keith Alan(キース・アレン)

 

オリジナルアルバムは2枚発表しています。

 

1992年、1stアルバム「BIG BANG BABIES」 発表

1994年、2ndアルバム「Black Market」発表

その後・・・解散

1998年、に 再結成というか再集結して、Reunion Showを開催 

1999年、ベストアルバム「3 CHORDS AND THE TRUTH (the ultimate collection)」発売

 

ヴォーカルのKit Ashley(キット・アシュレイ)=Charlie Overbey(チャーリー・オーバーベイ)=Charlie Philips (チャーリー・フィリップス)はソロ活動の他、ラジオのDJとしても活躍していたそうです。

また、ギタリストのKeri Kelli(ケリ・ケリー)に関しては、その後、数々の有名バンドに参加したりしているので、知っている方も多いかもしれませんね。

なので、Keri Kelli(ケリ・ケリー)のファンからしたら、在籍していたバンドとして語り継がれていたり・・するのかな???

 

ちなみにKeri Kelli(ケリ・ケリー)はBIG BANG BABIES 解散後、

Pretty Boy Floyd、Slash's Snakepit、Shameless、L.A. Guns、Alice CooperAlice Cooper、Night Ranger などなど・・に参加したりしています。 

 

 

 


TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

このアルバムは、Pretty Boy Floyd の2ndアルバム「PORN STARS」が発売されるのを知り、輸入盤専門店に行ったら・・・BIG BANG BABIES のこのアルバムも置いてあったので、一緒に購入しました。

 

Pretty Boy Floyd のメンバー構成がギター2人になり、元 BIG BANG BABIES のKeri Kelli(ケリ・ケリー)が加入したのを知っていたこともあり、BIG BANG BABIES のベスト盤も一緒に購入できたのはラッキーだったかもしれない。

 

早速、家に帰り、CDを聴きましたね・・・。


好きな感じの楽曲をプレイするバンドは大歓迎です!!
でも・・サウンドとヴォーカルの声質がストライクゾーンから外れることもあるので、楽曲を実際に聴くまでドキドキなんですけどね・・。

 

でも、今回は問題なく、好きになれました。

BIG BANG BABIES のアルバムはメジャーからのモノではないので・・・。
ただ、音質的には今一つ、抜けが悪い感じが残念だが・・・。

キャッチーなメロディ満載! ノリも良くカッコイイ!!


 

あとがき

BIG BANG BABIES のように日本では、あまり知られていないかもしれないでグラマラスなハードロックバンド って他にもいるんですよねぇ~ ・・・。

Heart Throb Mob、Penny Lane、Swingin' Thing とか が同じ頃に活動していた・・・グラマラスなハードロックバンドですね。

他にもカッコいいグラマラスなバンド、もっと沢山いたんだろうなぁ~。

この手のバンドは、ハードロック寄りだったり、パンク/ロックンロール/グラムロック寄りだったり、パワーポップ寄りだったり・・・と拡げれば更に沢山いるんだよねぇ~。

 

 

最後まで読んで頂いた皆様、誠に ありがとうございました!! 

 

これからも「懐かしい」や「いいじゃん」と思う音楽CDを中心に紹介していきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます!! 

 

Sponsored Link

 

 

 

ブログランキング参加中 こちらもポチっとしてくれるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ