ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

THE ZEROS「4-3-2-1...」(1991年)アルバム・レビュー【Collection#88】

グラムロック? ロックンロール? パンクロック?  ハードロック? なんでもあり!のバンドが パンキッシュでいながら、思いっ切りグラマラスでポップなアルバムを作っちまった!  グラマラスでパンキッシュなバンドマニアお薦めの1枚!

 

こんな方におすすめ

  • ハードロックもパンクロックも好きだけど、ポップな感じが好みの方
  • グラムロック、グリッター系が好きな方
  • 素敵なパープルカラーの長髪に憧れがある方
  • あまり知られていないバンドネームが大好物な方

  

Sponsored Link

 

 

 

THE ZEROS「4-3-2-1...」(1991年) 


4-3-2-1 Zeros

 
TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★★
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★★
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★☆☆☆
イージーリスニング評価       :☆☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

以下リンク先にある Previewボタン で試聴も可能です。

4-3-2-1...Zeros

4-3-2-1...Zeros

  • The Zeros
  • Rock
  • USD 9.99

music.apple.com

 

収録曲へのコメント 

1.Introduction

1曲目からメンバー紹介の曲、というか・・・バンドの挨拶だな!


2.Oh Yeah

ご機嫌なロックンロール! パンキッシュなスピード感ものりやすい! メロディはキャッチーだし、バックコーラス、掛け声も 歌い・叫びながら、騒ぎやすい曲!!

3.Love's Not Fair

ミドルテンポの曲ですが、単語を並べただけのAメロは気持ちいい! そしてギターが少しハードロック寄りになったり、スライドギターかましたり、ライドハンド奏法入れてきたり。。。 あれ? って思ったけど、許せます!! サビはめちゃポップ! カッコイイ!!


4. Sticky Sweet Girls

甘酸っぱいメロディライン! ですが、バックは攻めてきます! ノリノリのポップソングです! 80年代半ばに活躍した POPなロックンロールバンド、CANDY も真っ青??


5. Zero To Mom 

キャッチーなロックナンバー! 70年代に活躍した BAY CITY ROLLERS をテンポを変えずにパンクカバーしたような感じで、最高!!!にカッコいい!!

6.Death Girl(Did You See?)

イントロはハードロックと言われそうなサウンドで攻めてくるが、嫌みがない。Aメロは始まれな、これ!これ!って感じのイカしたパンクフレーズ?に・・そして素敵なこバックコーラスが爽やかすぎる!!

7.Rich Chicks

良い感じのロックンロールナンバー!  BAY CITY ROLLERS も真っ青? なポップナンバーのパンキッシュバージョンのような感じ!! バックコーラスの綺麗な部分以外の、掛け声的なバックコーラスのところは!一緒に叫んで楽しみましょう!


8. Nobody Cares

おっと・・・落ち着いた綺麗な曲です。素敵なギターのアルペジオも新鮮です! バックコーラスは、これまた綺麗な歌声で決めてくれます! 時より入ってくるピアノの音色も素敵です!


9. Too Young

思いっ切り歪んだギターサウンドがハードに攻めてきます! アルバムで一番ハードロックしちゃってます! まぁ、サウンドは許容範囲!! 曲はカッコいいっす! 


10. Society 

おーーー! アコギをかき鳴らしできました! そして・・・小刻みに刻む歪んだギターサウンドに切り替わって、、ノリノリに!カッコいい感じにアレンジされてます。

11. Wish I Knew

今度はピアノ・アコギでのイントロから、ハードなサウンドへ・・・。ミドルテンポの楽曲で、Oasis も タジタジ!? イカした楽曲です!


12. Do You Want Some More ?

あれ? ドラムソロ!って掛け声から、ほんの少しドラムソロがあって、すぐにポップなパンクロック!? 中毒性のあるメロディがリフレインされて・・・。


13. Raging Rock And Roll

ギタリストを煽りまくりながら始まる! しかもヘヴィメタルギター!カモン! とか言ってるし・・・。なんでもありなバンドだ! サビはわかりやすいメロディだけどね・・。ラストは確かにハードロック/ヘヴィメタルバンド的なフレーズだぁ・・。

14. 4-3-2-1

 

THE ZEROS「4-3-2-1...」は  90年代のグラムロックアルバムだった!!


4-3-2-1 Zeros

 

バンド  THE ZEROS について

同名異バンドで、アメリカのパンクバンド、イギリスのパンクバンドが存在しています。
今回紹介するTHE ZEROS は上記2バンドと区別するため、グラムパンクバンドと称されています。

 

もともと・・・
1982年に The Double “O” Zeros として活動開始
結成当時は、アメリカのニュージャージー州にて活動しておりました。

The Double “O” Zeros 結成メンバー

Vo: Sammy Serious
G: Joe “Normal” Hutchinson
Ba: Mace Byers
Ds: Jim “Mr. Insane” Hutchinson

 

1984年、ニューヨークのWNBC でのラジオショーのテーマ音楽として「HOWARD STERN」を録音したことで話題となる。

1985年、当時ニュージャージーに拠点を置くレコードレーベルMountain Mountain Recordsから、「Be A Zero」という5曲の7インチEPをリリース

 

1986年にロサンゼルスに活動拠点を移す。
バンドの名前は The Zeros に変更。

The Zeros メンバー

Vo: Sammy Serious
G: Joe “Normal” Hutchinson
Ba: Danny Dangerous
Ds: Jim “Mr. Insane” Hutchinson

マネージメントには元POISONのマネージャーが着任し、ヴィジュアル戦略を企てる。

ルックスアピールとして

パープルヘア+カスタムメイドの Converse thigh-high sneakers
・68年式 Chevrolet Nomad Wagon の hot-rodded style でパープルカラー

この組み合わせをバンドのイメージ戦略に活用する


新加入のベーシスト Danny Dangerous の幼馴染による雑誌、チラシ、関連グッズ、アルバム表紙などに肖像イラストを描きまじめ話題となる。

 

1987年、NBCのホームコメディEasy Street に登場!

1988年、コメディ映画「Tapeheads」の中で、あの The Dead Boys/The Lords of the New Church でお馴染み?の Stiv Bators が歌を歌うシーンがあり、その曲をTHE ZEROS  ボーカリストの Sammy Serious が作曲している。

 

1991年、アルバム「4-3-2-1...」発売。

Restless Records からの発売。
Restless Recordsは、宣伝戦略の一環で、バンドイメージカラーのパープルを用いて、建物をパープル色に塗って、THE ZEROS のバンドロゴを掲げるという荒業を実行。

建物は「Whisky A Go-Go」「Coconut Teaszer」というところ・・・

やることが イ !!!

 

とは言っても・・・ ローカルヒーロー的な活動にとどまり、知る人ぞ知るバンドで・・・・

 

その後もアルバムを発売していたんです・・。

1993年、アルバム「Names  Vol. 1」発売(Restless Records)

1994年、アルバム「Rule The World」発売(Blammy Bros. Records)

 しかし・・

 1996年、分裂

 

その後・・・

ヴォーカルのSammy Serious は バンド名:Serious Suicide を結成。

ギター Joe “Normal” HutchinsonとベースのDanny Dangerous は
元JETBOYのボーカル Mickey Finn と元Glamour Punks の Spazz Draztik とともにサイコビリー・バンド:Cold Blue Rebels を結成。

 

そして・・・
今回紹介した「4、3、2、1…」が2015年、Warner Bros. Recordsから再リリースされていました。



更に・・・Sammy Serious は
Sammy Serious という名のもと、YouTubeチャンネルを開設していました!

いまは・・・パープルヘアもどうやら・・・
パープルの髪型帽子!?をかぶってコメディアンなんだかミュージシャンなんだか、よくわからん活動をしているようです。。

 映像で楽しむ コーナー で その動画リンクをつけておきますのでお楽しみに。

 

 

 

 

映像で楽しむ THE ZEROS( The Double “O” Zeros) 

 貴重映像を繋ぎ合わせたような感じのものですが、楽しめますよ!

 

”The Double “O” Zeros 時代の秘蔵映像!”

 

 

さらに、THE ZEROS になってからの映像がこちら

'The Zeros の頃の貴重映像' 

 

 

Sammy Serious のYouTubeチャンネルから・・

'ARE YOU A NUT'  PVでよいのか  これ??

 2015年のSammy Serious(The Zeros?) が歌う!
ちなみに「4-3-2-1...」再発した年なので・・・最後の方は宣伝が・・。

 

 

”ユーチューバー Sammy Serious ???”

2020年のSammy Serious(The Zeros?) が歌う!
The Zeros「4-3-2-1...」もちゃっかり宣伝・・・。

でも楽しそうで・・なにより・・。

 


TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

このアルバムは・・ジャケ買いです!
輸入専門レコード店(というかCD店?)で、他のCD購入時にジャケ買いした記憶。

 

ジャケット表のイラストでは「どうしようかな?」で購入迷いましたが。。
ジャケット裏のメンバー写真を見て「よし!購入!」と決めたアルバムです。

思ったよりもいい感じのサウンドで購入して良かったと思いました!

グラマラスでキャッチーなメロディのロックンロールバンドファンにお薦めです!

 


4-3-2-1 Zeros

 

 


 

あとがき

THE ZEROS のような感じのバンドも 1970年代、1980年、1990年代、2000年代、2010年代、現在・・と 知る人ぞ知る! 的なカッコいい、バンドやアーティストも沢山いるんだろうと思うとワクワクしますね。 

まずは、自身のコレクションを紹介しながら、あらためて聴きながら・・新しいバンドやアーティストに出会いたいものです!

 

最後まで読んで頂いた皆様、誠に ありがとうございました!! 

 

これからも「懐かしい」や「いいじゃん」と思う音楽CDを中心に紹介していきます。たまに、音楽以外の「懐かしい」とか「いいじゃん」を紹介するかもしれませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます!! 

 

Sponsored Link

 

 

 

ブログランキング参加中 こちらもポチっとしてくれるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ