ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

WRATHCHILD「STAKK ATTAKK」(1984年)アルバム・レビュー【Collection#90】

元祖!? グラムメタルの申し子! WRATHCHILD の1stアルバム。 英国音楽シーンを彩った70年代前半のグリッターロックと70年代後半のNWOBHMを組み合わせた音楽性が魅力! ライブでは紙吹雪や花火を使用しド派手な演出! 見た目もプラットフォームブーツに鋲付黒衣装なのに・・ポップなメロディを奏でる不思議なバンド登場!

こんな方におすすめ

  • ポップなメロディでノリの良い音楽が好きな方
  • グリッター系のグラムロックが好きな方
  • ルックス先行で、音楽聴かずに毛嫌いしてしまった方
  • とにかく元気になれる音楽を聴きたい方
  • コアなファンに愛されるバンドに興味がある方

  

Sponsored Link

 

 

  

WRATHCHILD「STAKK ATTAKK」(1984年)

 

英国音楽シーンを彩った70年代前半のグリッターロックと70年代後半のNWOBHMを組み合わせた音楽性が魅力であるWRATHCHILD(ラスチャイルド)の1stアルバム。 

 

ライブでは紙吹雪や花火を使用しド派手な演出! 見た目もプラットフォームブーツに鋲付黒衣装なのに・・ポップなメロディを奏でる不思議なバンドです。

このアルバム、CD化された時、クレジットされた曲順と収録曲順が異なっているものが発売されていたりします。。。(私が持っている輸入盤CDはこれ・・・)


今回ご用意した試聴コーナーは曲順と実際の曲が、同じになるモノをチョイスしています。収録曲に対するコメントもその曲順に合わせて記載しております・・・。 


TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★★
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★★
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :☆☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :☆☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

試聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

1. STAKK ATTAKK

ツーバスでドコドコ連打、ギターもベースもそのテンポに合わせて弦を弾きます!これが気持ちいいのなんの・・・。キャッチーなメロディも手伝って、気持ちよくヘッドバンキングできますよ!?

2. TOO WILD TO TAME

キャッチーなメロディに一緒に声を出して叫びたくなるようなバックコーラスが素敵な曲。 見た目とは裏腹にポップセンス抜群!! 2曲目にして素直に認めました!

3. TRASH QUEEN

3曲目にて、セリフ入りで煽ります! グリッターロック的なサビメロは憶えやすい。一緒に叫びましょう。もちろんライブ映えしそうな曲です!

4. SWEET SURRENDER

イントロは攻撃的なギターながら、サビのメロディが非常にポップでよろしい! サビだけ聴いているとルックスとのギャップが非常に面白い・・・。ギターソロもサビメロを基本としており、意識してポップにしている感じが頼もしい!? 好きな曲です。 


5. KICK DOWN THE WALLS

ノリがいいテンポで攻めてきます!  これはもう お決まりのようにサビはキャッチーです! 結構カッコよく、お気に入りの元気になれる曲!

6. TONITE

リズムは少し早いですが、メロディはキャチーで聴きやすい。途中、テンポを落としながら、元に戻すなど、盛り上げ効果バッチリ!? 

7. LAW ABUZER

ミドルテンポながらポップなロックに仕上がっています!!  この感じ最高!! 他の曲と比べると、退屈に聴こえるかもしれません!? 

8. SHOKKER

アルバムの中では、それほどポップなメロディを持たない曲。それでも・・・サビは憶えやすい言葉を並べてるので一緒に歌い(叫び)やすい・・。

9. ALRITE WITH THE BOYZ

グリッターロックの名曲、ゲイリーグリッターのカバー曲。このバンドの楽曲ともマッチした選曲で好感度大!

10. WRECKLESS

ギターの攻撃性がカッコいい曲。サビではギターの攻撃性を抑えて、キャッチーなメロディ重視!!ギターソロでは少し暴れてみました!って感じの曲。

 

 

久しぶりの WRATHCHILD は ポップなメロディで最高でした!!! 

 

Sponsored Link

 

 

WRATHCHILD(ラスチャイルド)の音楽性

見た目は、トレードマーク的なプラットフォームブーツに鋲付黒衣装。
狂暴的な見た目なのに・・ポップなメロディを奏でる不思議なバンドです。

英国音楽シーンを彩った70年代前半のグリッターロックと70年代後半のNWOBHMを組み合わせた音楽性が魅力である。 

また、ライブでは紙吹雪や花火を使用しド派手な演出!も鉄板でした。

 

WRATHCHILD(ラスチャイルド)について

1980年にベースのMarc AngelとギターのPhil Vokinsによって結成され、ボーカルにRocky Shades、ドラムにBrian Parryを迎え、4名体制で活動開始。

結成当時のWRATHCHILD(ラスチャイルド)メンバー

Vo: Rocky Shades
G:  Phil Wrathchild(Phil Vokins)
Ba: Marc Angel
Ds: Brian Parry 

 

しかし、1年後の1981年にメンバー2名が脱退。
創設者のひとりである、ギターのPhil Wrathchild。そしてドラムのBrian Parry。

 

ギターとドラムの新メンバーを迎え、新体制で活動再開。

 

第2期 WRATHCHILD(ラスチャイルド)メンバー

Vo: Rocky Shades
G:  Lance "Rocket" Perkins
Ba: Marc Angel
Ds: Eddie "Starr" Smith

 

1982年、DEMOテープを作成。レコード会社との初契約。

1983年、EP「Stackheel Strutt」 発売。

1984年、1stアルバム「STAKK ATTAKK」をHeavy Metal Recordsから発売

  

ちなみに・・・WRATHCHILDって名前ですが、アメリカに同名で活動しているヘヴィメタルバンドがいたため、区別するためにWRATHCHILD UK と称されることもある。

※1988年にアメリカのWRATHCHILDはバンド名をWRATHCHILD AMERICAを正式名称にしました。

 

 

そういえば、アルバム発表後のライブ・・・・。

結構、ライブも好評だったバンドでもあり、1984年のライブに関しては映像作品としてDVD化もされています。

 

 

 

 

その後も、アルバム等を発表していきます。

 

1988年、2ndアルバム「The Biz Suxx」発表

 

 

 

1989年、3rdアルバム「Delirium」発表

 

 

3rdアルバム発表後、ボーカルのRocky Shadesがパンクバンド Discharge に加入するため、脱退。

WRATHCHILDは解散・・・。

 

 

2005年、WRATHCHILDの創始者であるベースのMarc AngelとギターのPhil Vokinsと全盛期のドラム、Eddie Star にボーカリスト Gaz Harris を加えバンド活動を再開。

バンド名は Psychowrath 

 

2009年、彼ら Psychowrath は Wrathchild&Wrathchild UKの商標を取得。
バンド名をWRATHCHILDに変更。

再結成時のWRATHCHILD(ラスチャイルド)メンバー

Vo: Gaz "Psychowrath" Harris
G:  Phil "Wrathchild" Vokins
Ba: Marc Angel
Ds: Eddie Star

 

2011年、4thアルバム「Stakkattakktwo」をPerris Recordsから発表。

 

2013年、ボーカルのGaz "Psychowrath" Harrisが脱退し、WRATHCHILDは再び解散。

その後、WRATHCHILD としての活動は・・・ない。

 

 

一方、全盛期のボーカリスト Rocky Shades ですが、

2006年、Rocky Shades Wrathchild(別名RSW)として活動再開するも短期間で終わる。
その後、2011年にWildside Riot というバンド名で活動するも、長続きはしなかったようだ・・・。

  

 

映像で楽しむ WRATHCHILD(ラスチャイルド)+おまけ

1stアルバム「STAKK ATTAKK」から1曲

”STAKK ATTAKK” PV

 

ロンドン・ブーツ総攻撃! ライヴ1984 DVDトレイラー映像

  

 

 

 

おまけ・・・
元WRATHCHILDのボーカルRocky ShadesのバンドWildside Riotの映像

相変わらず、カッコいい声しています!!

”WILDSIDE RIOT"

 

さらにもう一つ

Rocky Shades' 'Wildside Riot' Live Compilation Winter 2013

'Babe I Gotta Go'

 

 

 

 


TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

WRATHCHILD(ラスチャイルド) は 輸入レコード専門店で初めて知りました。
見た目は過激だけど、ポップだよ!? って話とゲイリー・グリッターのカバーも収録されているって話もあって・・購入しました。

購入した当時、既に2ndアルバム「The Biz Suxx」も発売されていたましたので、1st「STAKK ATTAKK」と2ndの2枚同時購入したのを憶えています。

こういった派手目なスタイルでキャッチーな楽曲を演奏するバンドが大好物の私としては、いいアルバムゲットした!と喜んだ次第です・・。

 

音質的には・・・他のヘヴィメタルバンドに比べるとチープな感じがしましたが、曲が良かったのでお気に入りのアルバムになりましたね。



 

あとがき

そういえば・・・再結成後のアルバム「Stakkattakktwo」は、楽曲アプローチも80年代当時とは少し違う事もあるけど・・・ボーカリストが違うからかな? あまり好きになれず、手放した気がする・・。

この記事を書くために、他のアルバムも探したけど「Stakkattakktwo」だけ見つからなかったので・・・。

ボーカリストの声質・歌唱によって、好き・嫌いって やはり あるんだと思う・・。
私にとって、ボーカル Rocky Shades の声 が WRATHCHILD なんだなぁ・・・。

 

 

最後まで読んで頂いた皆様、誠に ありがとうございました!! 

 

これからも「懐かしい」や「いいじゃん」と思う音楽CDを中心に紹介していきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます!! 

 

Sponsored Link

 

 

 

ブログランキング参加中 こちらもポチっとしてくれるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


はてなブログの方は こちらから読者登録いただけるとうれしい。