ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

GEORGIA SATELLITES「GEORGIA SATELLITES」(1986年)アルバム・レビュー【Collection#99】

80年代 ジョージア州アトランタのローカルバンドだった彼ら・・・。デモ音源を制作するも音源を発表する前に解散!!! 当時のマネージャーが小さなレコードレーベルに音源を持っていったところ・・・。翌年英国からデモ音源がミニアルバムとして発売されバンド解散からの復活劇が待っていた!! メジャー1stアルバムここに誕生!!!

こんな方におすすめ

  • 泥臭く、粘っこく、骨太なロックンロールが好きな方
  • アメリカ南部のロックミュージックに興味がある方
  • 音量・音圧が凄いライブバンドに興味がある方
  • 日差しが気持ちいい休日、お酒を飲みながら音楽に酔いしれたい方
  • 別に着飾る訳でもなく、気負うことなく自然体・・・そんなバンドが好きな方

 

Sponsored Link

 

 

 

GEORGIA SATELLITES「GEORGIA SATELLITES」(1986年)

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★★
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :☆☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :★☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

試聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

1. KEEP YOUR HANDS TO YOURSELF

GEORGIA SATELLITES、最大のヒット曲。南部訛りのアクセントが癖になる! 本当にシンプルなロックンロール! たかがロックンロールだけど、当時のアメリカンバンドとして大注目された!! このサウンドで大音量のライブはたまりません!

2. RAILROAD STEEL 

2曲目もシンプルで豪快なロックンロール! ノリノリのリズムがたまりませんね!ダンスステージも盛り上がる!って感じです! 

3. BATTLESHIP CHAINS

ちょとキャッチーなメロディを持ってきました! サビは大声で歌いたくなる!!この感じも好き! 騒ぎまくろう! 当時高校生の頃、バンドでこの曲、演ろうとして・・・テンポを速めたり、いろいろ試したけど、なんか しっくりこなくて諦めた思い出が・・・。でも好きな曲。

4. RED LIGHT

GEORGIA SATELLITESの中では、重い感じの曲。ツインギターの絡みも、ギターソロもワクワクしながら聴きました!!


5. THE MYTH OF LOVE

粘っこいアクセントのボーカルが中毒性あり、ゆっくりと身体を曲に合わせて動かしたくなる曲。


6. CAN'T STAND THE PAIN

アップテンポの縦ノリ、ロックンロール! スライドギターもカッコイイ! ライブで盛り上がりそうです!!

7. GOLDEN LIGHT

落ち着いた感じの楽曲で、天気の良い夕方、海に沈む夕陽が観れる、綺麗な丘の上で聴きたい!!!!

8. OVER AND OVER

ツインギターが気持ちいい!メロディはカントリーっぽい。そこがまたいい!!

9. NIGHTS OF MYSTERY

アコースティックギターで始まるゆったりとした曲。カントリーっぽいメロディがまたまたカッコいい!!

10. EVERY PICTURE TELLS A STORY

豪快な感じのメロディ、サウンド・・・。どうしても天気の良い昼間に聴きたい感じの曲です!! この曲を聴きながら昼寝はできないけど・・・。

 

 

GEORGIA SATELLITES・・・今聴いても  カッコよかった!!  

 

 

 

 

 

GEORGIA SATELLITES(ジョージア・サテライツ)の音楽性と歴史

1980年、ボーカル&ギター Dan Baird(ダン・ベアード)、リードギター Rick Richards(リック・リチャーズ)、ベース Keith Christopher(キース・クリストファー)、 ドタム David Michaelson(デビッド・マイケルソン)の4名で結成された。

 

当時のバンド名は Keith and the Satellites 。

ジョージア州アトランタの地元バーやクラブで演奏を開始する。

 

ベースとドラムはなかなか固定されず、メンバーチェンジが多かったみたいです。

その後、デモ音源の録音をしながら、バンド名を GEORGIA SATELLITES に変更。

毎週月曜日に地元クラブで演奏を続け、デモ音源も完成していたが、1984年にバンドは解散。

 

バンドは解散したものの、マネージャーがデモ音源を小さなレコードレーベルに持ち込むと・・・

1985年、イギリスのレーベルからミニアルバム「keep the faith」として発売された。
※このミニアルバム・・・今では高値で取引されてたりするようです。

 


このEPに対して、英国のジャーナリスト達はローリングストーンズ、フェイセズ、CCRなどの有名なバンドを引き合いに熱く語り、アメリカのローカルバンドに過ぎなかったバンドを後押しした形となり、バンドを再編するよう促される。

 

ボーカル&ギター Dan Baird(ダン・ベアード)は音楽活動から離れていたが、リードギター Rick Richards(リック・リチャーズ)は、the Hell Hounds というバンドをベースのRick Price(リック・プライス)、ドラムの Mauro Magellan(マロウ・マジェラン)とともに活動していた。

 

このバンド再編にあたり、the Hell Hounds というバンドに Dan Baird(ダン・ベアード)が加わることで、バンド活動を再開するとメジャーレーベルから注目されるようになった。

 

GEORGIA SATELLITES というバンド名で1986年、メジャーレーベル Elektra Records と契約の上、1stアルバムを制作することとなった。

 

 

デビュー当時の GEORGIA SATELLITES(ジョージア・サテライツ)

Vo&G: Dan Baird(ダン・ベアード)
G&Vo: Rick Richards(リック・リチャーズ)
Ba: Rick Price(リック・プライス)
Ds: Mauro Magellan(マロウ・マジェラン)

 

このメンバーが奏でる、GEORGIA SATELLITESの音楽性は・・・
英国でローリングストーンズ、フェイセズ、CCRなどを引き合いしながら、絶賛されましたが、ライブでの音量・音圧も凄いバンドだったようです。

まさに豪快なロックンロールを
地元であるジョージア州アトランタというアメリカ南部独特の粘り気のあるアクセントで歌いまくるって感じ。


 

1986年、1stアルバム「GEORGIA SATELLITES」発売

このアルバムからのシングルとして「Keep Your Hands to Yourself」が全米シングルチャートで2位を記録。

当時1位に輝いたのは・・・BON JOVI の「Livin' on a Prayer」だったんだよ・・。BON JOVI 人気には敵わなかったけど、凄くない??

アルバム自体は全米アルバムチャート5位を記録するアルバムとなった。

 

 

1988年、2ndアルバム「Open All Night」発売 

 

 

同年、トム・クルーズ主演の映画「カクテル」のサウンドトラックに The Swinging Blue Jeans の1964年のヒット曲「Hippy Hippy Shake」のカバーを提供。

この曲はシングルとして全米シングルチャート45位を記録。

 


1989年、3rdアルバム「In the Land of Salvation and Sin」発売 

 

1990年、バンドはDan Baird(ダン・ベアード)が離脱し・・解散・・・

Dan Baird(ダン・ベアード)はソロ活動を開始。

1993年、ベストアルバム「LetItRock:The Best of the Georgia Satellites」発売

 

 

 

GEORGIA SATELLITES 解散後の各メンバーの活動について

Dan Baird(ダン・ベアード)はソロ活動を・・・。


また、Dan Baird(ダン・ベアードは 2005年くらいから、元Keith and the Satellites のベース Keith Christopher(キース・クリストファー)と共に Homemade Sin というバンドを結成し活動している。この Homemade Sinには 、元GEORGIA SATELLITESドラムの Mauro Magellan(マロウ・マジェラン)も参加している。

バンド名自体はDan Baird&Homemade Sin が正式なのかもしれません。 

このDan Baird&Homemade Sin・・・GEORGIA SATELLITES時代の曲もライブで演奏してたりするです・・・。
2019年もアメリカのバーでライブやっていたようなので、今も健在するバンドだろうか??

さらにDan Baird(ダン・ベアード)はカントリーグループ  Trent Summar & The New Row Mob や The Yayhoos といったバンドでも演奏したりしていたようです・・・・。

 

 

Rick Richards(リック・リチャーズ)はIzzy Stradlin(イジー・ストラドリン)の作品に参加したりしながら活動を継続。

2014年頃かな? The Bullhounds というバンドを結成し、
2015年に1stアルバム「PROTECTOR」を作成。


その後、The Bullhounds というバンドがGEORGIA SATELLITES再編のようなメンバーが顔を合わせることとなる・・。

2016年には2ndアルバム「To Rock & To Serve」を発表する。



ギター:Rick Richards  (元Georgia Satellites, Izzy Stradlin)
ドラム :Mauro Magellan (元Georgia Satellites, 元Dan Baird & Homemade Sin)
ベース:Keith Christopher(元Keith & the Satellites, 元Dan Baird & Homemade Sin)
そして、ボーカルにErling Daell という布陣

もちろんのことだろうが・・・GEORGIA SATELLITES 時代の曲も演奏しているらしい。

 

 

 

  

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

決して派手なルックスではないが、アルバムを聴いて素直にカッコいいと思ったバンド。

まぁ、音源とルックスも似合ってるというか。。
ジーンズにジージャンとか革ジャケとか・・・泥臭い感じというか・・・。

派手なルックスでキャッチーなメロディを奏でるバンドもすきだけど、この手のシンプルなロックンロールを奏でるバンドもメロディはキャッチーに聴こえるしね。

このバンドがデビューする前にも、ブルース・スプリングスティーンやヒューイ・ルイス&ニュースとか流行っていたけど・・・それとは違う匂いがこのバンドにはあったかな・・・。

もっと豪快な感じで4ピースってところが・・・ぐっと来る感じ!!

まぁ、ブルース・スプリングスティーン、ヒューイ・ルイス&ニュースも嫌いじゃないけど・・・・・。

 

GEORGIA SATELLITES「GEORGIA SATELLITES」は本当に楽しいアルバムだったよ! 

 

 

 

あとがき

久しぶりに聴いたけど、GEORGIA SATELLITESは カッコいい。

更に、その後のメンバーの動向を調べてみたけど、何気に音楽活動は継続していたんですね・・。知らなかったことも多かったので・・・楽しみが増えました。

 

最後まで読んで頂いた皆様、誠に ありがとうございました!! 

 

これからも「懐かしい」や「いいじゃん」と思う音楽CDを中心に紹介していきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます!! 

 

Sponsored Link

 

 

ブログランキング参加中 こちらもポチっとしてくれるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ 


はてなブログの方は こちらから読者登録いただけるとうれしい。