ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

SION「春夏秋冬」(1987年)アルバム・レビュー【Collection#149】

メジャー1st発売から約半年後の1987年1月に発売された2ndアルバム! 事前にシングル発売されていた 泉谷しげる「春夏秋冬」のカバーを含む、SION節炸裂の12曲入り!

 

こんな方におすすめ

  • ハスキーボイスでの語り口調のボーカルに興味がある方
  • ありのままの生活感をドラマチックな楽曲で体感してみたい方
  • 少しばかり感傷的なロックミュージックがお好きな方
  • ちょっと疲れ気味の方、涙を流してスッキリしたい方
  • 福山雅治も敬愛するシンガーソングライターの音楽を聴いてみたい方

 

広告
 

 

 

 

SION「春夏秋冬」(1987年)

 

アルバムジャケットも カッコいい!!
SIONの歌う「春夏秋冬」、1986年12月にシングルとしてリリースされています。
この楽曲を含む12曲入りは 1stから続くSION の歌う世界を堪能できる1枚になっています! 

今回のレコーディングミュージシャンは1stとは異なっていることもあって、サウンド面で少し変化もあるももの、SIONの世界は2ndでも健在です!

 

ますは
泉谷しげるの「春夏秋冬」をカバーしたSION のPVをチェック!

 
 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★★☆
イージーリスニング評価       :★★☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

収録曲へのコメント  試聴コーナー 

1. 抱いてくれ

サウンド的にはギターのエフェクトやドラムの音色など、好き嫌いはあるかもしれませんが、これはこれで、SIONの魅力を伝えてくれます! 結構、好きです。

抱いてくれ

抱いてくれ

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes


2. 楽しみといえば 

どちらかというと1st的なアプローチかもしれませんが、大道芸的というか、ちょっとおとぼけた雰囲気を醸し出すサウンドと歌詞がマッチして楽しめます! この曲大好きです。

楽しみといえば

楽しみといえば

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

3. ダーリン

ドラム+ベース+ギター に 時より聴こえてくる不思議な音色のシンセサイザー? も雰囲気バッチリ! そして、ギターのキリキリ音も耳障りには聴こえず、むしろ心地よい?????

ダーリン

ダーリン

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes


4. ハングリー・ナイト 

前曲とは打って変って、元気のイイ感じ、途中ノリノリになったり・・・。

ハングリー・ナイト

ハングリー・ナイト

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

5. 12月

この曲は福山雅治のオールナイトニッポン! で知っている方もいるかもしれなせんね・・・。弾き語りアルバム「魂リク」でもカバーしています!  この曲大好きです!  結構、この曲で寝落ちしちゃうことも多かったのですが・・・

12月

12月

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

6. ハード・レイン

ノリの良い楽曲ですが、SION節は健在!  SIONの歌う詞も祈りのような感じにも聴こえる雰囲気があってこの曲好きです!

 

7. 春夏秋冬 

SIONの歌う春夏秋冬・・・・SIONの声の出し方、歌い方、SIONの描く世界観ともこの曲は合っていると感じました! 泉谷しげるさんの楽曲と知らなければ、SIONの曲かと思ってしまうだろう・・・・。

春夏秋冬

春夏秋冬

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes


8. バックストリート

少しモダンな感じを感じながらも、SIONの叫び声を堪能しましょう。

バック・ストリート

バック・ストリート

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

9. このままが

この曲、アルバムの中で1番/2番を争うくらい好きかもしれません! フォークギターの音色にもうっとりしながらも、SIONの詩の世界に浸ってしまいましょう・・・。 ほんと、このまま・・・が・・・と思う瞬間の時に 想い出してしまう1曲!

このままが

このままが

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

10. やるせない夜

ロックサイドのSION って感じの楽曲です! でもかなり尖がる!って感じではない歌詞とのギャップがサビでは解消され、一緒に叫びたくなるかも!?

やるせない夜

やるせない夜

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes


11. レストレス・ナイト

SIONの1stアルバムにも収録されている楽曲ですが、こちらのヴァージョンの方が疾走感がある。1stは管楽器も大活躍しましたが、こちらはギターメインでピアノが味付け的に導入されている感じです! どちらも捨てがたいが、こちらの方が好きかも!!

 

12. クロージング・タイム

この曲もアルバム内で1番/2番を争う大好きな曲! SIONの歌、歌うような管楽器! 後ろで聴こえるオルガンの音色が泣かせます!   聴き終わった後、余韻に浸ってしまうかもしれませんねぇ~

クロージング・タイム

クロージング・タイム

  • SION
  • オルタナティブ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

アルバム「春夏秋冬」を全曲通して、聴くのは久しぶりでしたが、最後のクロージング・タイムが終わった後、余韻に浸ってしまいました!

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

 

SION の ライブは生で見たことがないんです。
残念ながら・・・・


ということでDVDも紹介というか、自分が観たかったから!?

この3作品、2010年代の最近のものですが、どれもよさそうだなぁ~。 

 

SION / 「SION-YAON 2016 with THE MOGAMI ~Major Debut 30th Anniversary~」トレーラー

DRUMS :池畑潤二
BASS  :清水義将
GUITAR :藤井一彦
KEYBOARDS :細海魚

このメンバーでの30周年記念 日比谷野音LIVE DVDも見逃せない!!

 

     

     

      

     

     

    「SION-YAON 2017 with THE MOGAMI ~After The Hard Rain~」オフィシャル・トレーラー

    2017年も日比谷で大活躍!
    DRUMS :池畑潤二
    BASS  :井上富雄
    GUITAR :藤井一彦
    KEYBOARDS :細海魚



       

      さらに!2019年には THE MOGAMI にゲスト花田裕之さんを加えたスペシャルなTHE MOGAMI  !

      そうです! SIONの 1stアルバムに花田裕之さんも参加してましたね!

       

      SION / ライブDVD「SION-YAON 2019 with THE MOGAMI」トレーラー

       

      DRUMS: 池畑潤二
      BASS     :清水義将
      GUITAR :花田裕之
      GUITAR :藤井一彦
      KEYBOARDS: 細海魚


       

       

      ではでは・・・今回のSION「春夏秋冬」に関しては、このへんで。

        

       

      あとがき

      SION の 1stアルバムの記事もチェックしてみてちょ!

       

      www.tomo-zy.com

       

      それでは! またねぇ~。

       

       

      ブログランキング参加中

      ブログランキング・にほんブログ村へ 

      はてなブログの方・・・読者登録はこちらから