VIXEN「REV IT UP」(1990年)アルバム・レビュー【Collection#217】

1988年にデビューアルバムを発売し、ハードなサウンドにキャッチーなメロディで人気を博したガールズバンド:VIXEN(ヴィクセン)の2ndアルバム。実はかなりの技術至上主義バンドだった!!

 

こんな方におすすめ

  • 女性版ボン・ジョビともいわれたバンドに興味がある方
  • けっこう実力派の女性バンドに興味がある方
  • ハードでキャッチーな楽曲が好きな方
  • 80年代のちょっとキャッチーなメタルサウンドが好きな方
  • Vixenの1stは聴いたけど2ndは聴いていない方 

 

 

Sponsored Link

 

 

VIXEN「REV IT UP」(1990年)

 

まずは、映像からスタート

シングルカットされた楽曲。1stアルバムの印象と同じ感じですが、演奏や動きにも磨きがかかった楽曲! 

 

アルバム2曲目 「How Much Love」 

 

 

 

アルバム「REV IT UP」あれこれ

VIXEN(ヴィクセン)の2ndアルバムで1990年にリリース。

前作「VIXEN」は、どちらかというと戦略的に売ることを重視した制作/作品だったように感じるアルバム。

この2ndアルバムは、前作の延長路線ではあるモノのデビュー後のツアーにてバンドとしての一体感も強化されたことに加え、バンドの方向性をメンバー自身も明確に認識しているんじゃないかな? 

2枚のアルバムを通して聴くと、2ndの方が好きになるんじゃない??

 

この「REV IT UP」リリース後のKISSやDeep Purpleなどとツアーを行うが、レコードセールスは前作を超えることは出来なかった・・・。

まぁ・・・。アメリカ本土よりもこの2ndアルバムの発売以降のプロモーションは海外の方が多かったんじゃないかな??? 特にヨーロッパ・・・。

 

しかし・・・

1991年にはレコード会社との契約解除・・・。バンドは事実上の解散・・・。

 

1997年に活動を再開するものの長く続かず・・・。(メンバーは全盛期メンバーではない)

2001年以降はメンバーは異なりながらも VIXEN の活動は続きます。

 

全盛期(メジャー1st&2nd)のメンバー4名が集結したのは・・・
2004年にアメリカのTVチャンネル VH1 の Bands Reunited という企画でライブが行われました・・・。


次に全盛期のメンバーが集結したのは2012年・・・。
しかし・・・創設者のジャン・クエネムンド(ギター)が癌に冒され・・・ツアー計画は一旦中止に。 その後、2013年に闘病の末、ジャンが亡くなってしまう・・・。

 

残ったメンバーはジャンの遺志を尊重し、VIXENの活動を継続・・・・。
2022年の現在もメンバー交代を繰り返しながら活動中である。

現在、全盛期のメンバーはドラムのロキシー・ペトルッチ のみとなっている。

 

 

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :★★☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

視聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

 

1. REV IT UP

ハードなサウンドに綺麗なメロディ・・・。ちょいと女性版ボン・ジョビって言われるのはわかる気がします・・・。この曲好きです。 ボーカルのJanet Patricia Gardner(ジャネット・ガードナー)の歌も1stよりもカッコ良く聴こえるのは気のせいか?


2. HOW MUCH LOVE

シングルカットされた楽曲。1stからの延長路線上にあるような楽曲ですね。これも女性版ボン・ジョビって言われるのがわかる楽曲・・・。 


3. LOVE IS A KILLER

バラードもこのバンドの魅力・・・。ちょっと大人っぽくなったボーカルのJanet Patricia Gardner(ジャネット・ガードナー)の歌声・・・。


4. NOT A MINUTE TOO SOON

イントロのギターはJan Kuehnemundジャン・クエネムンドも楽しそう?? ちょいと中休み・・って感じになります・・・。 しかし サビはやはりキャッチーなので、アメリカとかでは盛り上がりそうです。
 

5. STREETS IN PARADISE

さぁ、改めて弾けちゃいましょう!! ノリの良いロックナンバー。


6. HARD 16

イントロでストリートの雑音から始まり・・・。綺麗なコーラスから始まるロックナンバー。


7. BAD REPUTATION

ちょいと気怠い感じのハードロックンロール! 飽きません!! この曲好きです。ラストはテンポを上げてノリノリに!


8. FALLEN HERO

キーボードのイントロ・・・。最初はちょいとゆったり。そしてノリノリに・・・。


9. ONLY A HEARTBEAT AWAY

なんとなく、VIXENのフレーズ・・・。似ているものが多い気が・・・。この曲もそんな感じですが、結構いい曲! サビは好きタイプです・・・。ギターソロに入る流れも好き。 で・・・。煽るのにぴったりな部分もあって・・・。あれ?てんこ盛りじゃん!?  最後の方は90年代 J-POP みたいだし。。


10. IT WOULDN'T BE LOVE

アコースティックで始まる綺麗な楽曲・・・。これは夕方に聴きたい! この曲大好きです!   


11. WRECKING BALL

アルバムラストはハードな楽曲で締めましょう。みんなで叫んじゃいましょう! どことなく

 

久しぶりの 「REV IT UP」でしたが、アルバムとして好きです。しかし・・・「 Edge Of A Broken Heart」(1st収録曲/シングル)が聴きたくなっちゃいのは仕方がない??

 

 

 

映像で楽しむ  「REV IT UP」+α

当時の映像は あまりないですが・・・。

Vixen - How much Love on Countdown 1990年9月

 

 

やっぱり・・・この曲聴きたい!! ってことで・・・1st「VIXEN」から

Vixen - Edge Of A Broken Heart

 

続いては青空の元、演奏するVIXENも!!

Vixen - Edge Of A Broken Heart (summer festival)

 

 

 

 

あとがき

VIXEN の 全盛期メンバーによる演奏映像って結構貴重なのかもしれません。 

再結成して活動しても全盛期のメンバー4名が揃った時期は・・・。

VH1 bands reunited (vixen)

 

 

 

で。。。

VIXEN を聴くと なぜか思い出すのが、

日本のバンド”PINK SAPPHIRE”(ピンク・サファイア)

ということで・・・
こちらもリユニオン時の映像で・・・。

なぜか PINK SAPPHIRE リユニオン映像

 

 

 

今回は VIXEN「REV IT UP」(1990年) アルバム・レビューでした。

 

それでは・・・またねぇ~。