LOU REED「BERLIN」(1973年)アルバム・レビュー【Collection#229】

LOU REED(ルー・リード)の3枚目のアルバム『BERLIN』は商業的には良い結果ではなかった・・・・。しかし、『CAROLINE SAYS』など結構人気の楽曲も収録されているんですけどね~。

 

こんな方におすすめ

  • コンセプトアルバムってやつがお好きな方
  • 60年代後半のアンダーグラウンド、ポップカルチャーが好きな方
  • 頽廃と背徳の都ベルリンと聞くと映画『キャバレー』を思い浮かべる方
  • ベルリンの壁を知っている方
  • 深夜に物思いに耽ることが好きな方

 

 

Sponsored Link

 

LOU REED「BERLIN」(1973年)

 

まずは、この映像からスタート 「LOU REED『BERLIN』」 

封印されたアルバム『BERLIN』だったが、33年の時を経て2006年ニューヨークで開催されたライブ。この『BERLIN』の全10曲を演奏した模様をロック・ドキュメンタリー映画としてパッケージされました・・・。

『ルー・リード/ベルリン』予告編

 

 

アルバム「BERLIN」あれこれ

もろにコンセプトアルバムです。

東西に分断されたベルリン・・・。ベルリンの壁。

このベルリンの壁で分断された様子を男女の恋模様に置き換えて描かれる世界感。

そんなアルバムのプロデューサーはBob Ezrin(ボブ・エズリン)。
Alice Cooper(アリス・クーパー)の作品でお馴染みの方・・・。

 

この『BERLIN』というアルバムは、前作『Transformer』に比べセールス的には成功とは言えない作品になってしまったのですが、ベスト盤とかに収録される曲もあり、楽曲的には良い作品だと思います。

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★☆

ノリノリ楽曲収録評価        :☆☆☆☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★☆☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★★★★★
イージーリスニング評価       :★★★☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★☆☆

アーティストルックス        :★★★☆☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

 

 

視聴コーナー 

 

 

収録曲へのコメント 

1. BERLIN

ピアノの伴奏の上に、日常の騒音・Happy Birthday to You の歌が重なるイントロが印象的ですが、その後は少し悲しい感じの展開が・・・。


2. LADY DAY

イントロは少し明るい。しかし、やはり夜が似合うと思う曲。個人的には70年代前半のPOP/ROCK 分野の楽曲はこんな感じが多い印象ですね。聴き応えあり!


3. MEN OF GOOD FORTUNE(富豪の息子)

やさしい雰囲気のイントロが好き。語り掛けるように歌うLou Reed 。結構ズッシリ来る感じと優しく包み込む感じが交差する感じが好きです。


4. CAROLINE SAYS Ⅰ(キャロラインのはなし<1>)

不思議な雰囲気のイントロ・・・。その後にちょっとノリが良くなり、明るい感じの雰囲気も出てくるけど・・・。
 

5. HOW DO YOU THINK IT FEELS(暗い感覚)

この曲結構好きだ。後半のギターソロも盛り上げてくれる・・・。

 

6. OH JIM

フェードインしてくるドラムとベース音。ちょっとポップな楽曲です。この曲でちょっと落ち着く自分がいます・・・。でも、後半フェードアウトして、アコギの音がフェードインしてきます。曲が変わったと思ったら・・・oh JIM と歌っています・・。ビックリ!まだこの曲なんです・・・。忘れてた!! でもこの曲好きです。

 

7. CAROLINE SAYS Ⅱ

パートⅡは思いっきり悲しい・・・。この感じも70年代初期ものに感じる雰囲気があって好きです。深夜に聴きたい・・・でも寝落ちしちゃうかもしれません・・。

 

8. THE KIDS

少し爽やかな感じのイントロですが、歌が始まると・・・やはり夜が似合う・・・。語り掛けるように歌うLou Reed・・・。 後半には・・・子供の泣き声も…。この曲で寝落ちをしてはいけません・・。

 

9. THE BED

アコギのイントロも綺麗な感じですが、ちょっと不思議な感覚が続きます・・。 後半は特に・・・。この曲で寝落ちするとうなされそうです。

 

10. SAD SONG

前曲の後半がうなされそうだったが、このイントロで少しだけ救われます。バックサウンドは少し爽やかな雰囲気もあり好きな曲です。  

 

 

久しぶりの LOU REED「BERLIN」でしたが、昔、深夜によく聴いた曲だったなぁ~・・・。まぁ、個人的に Lou Reed とか Roxy Music などは夜が似合う と思っていましたから、真昼間に聴くとちょっと違和感もありました。しかし、このアルバム結構好きです。

 

 

 

映像で楽しむ  LOU REED「BERLIN」

 

1980年のライブ映像からご覧ください。

Lou Reed-Caroline Says- Live Firenze 1980

 

 

2008年のライブ映像から

Lou Reed - Caroline says II (live in Munich 2008)

 

 

次の『How Do You Think It Feels』の映像は少し見にくいですが、音声は聴きやすいですよ。

Lou Reed - How Do You Think It Feels

 

 

1997年のライブ映像から『The Kids』です

Lou Reed - The Kids - 10/18/1997 - Shoreline Amphitheatre (Official)

 

 

アルバムラストの『Sad song』は女性コーラスと一緒に・・・。

Lou Reed's Berlin in Arles 2007 Sad song

 

 

 

 

あとがき

このアルバムに収録されている『キャロラインのはなし』とか『暗い感覚』は非常に懐かしかった。

ここ最近、というかLou Reed の楽曲を 20年位、聴いていなかったと思います。

真昼間から聴いたので、、ちょっとだけ気怠い感覚が残りました・・・。

まぁ、個人的には、良い意味ですけどね。

ちょいと他のLou Reed のアルバムも探してみよう・・・・と。

 

最後にカバー演奏をいくつか・・・・ご紹介します。


Gord Downie というシンガーソングライターによるカバーです。『How Do You Think It Feels』を派手なバックの演奏とともに語るというよりも力強く歌い上げています。

Gord Downie performs Lou Reed - 'How Do You Think It Feels'

 

 

次は、2021年に公開された、The Time Keepers と名乗るチャンネルから。
女性ボーカルによる『Caroline Says II』のカバーですが、結構悲しい雰囲気と希望が混在するような作品になっています。

The Time Keepers Caroline Says II (LOU REED COVER)

 

 

 

今回は  LOU REED「BERLIN」(1973年)アルバム・レビューでした。

12inch アナログレコードも入手できそうです

 

 

それでは・・・またねぇ~。