AC/DC 「FLICK OF THE SWITCH(征服者)」(1983年)アルバム・レビュー【Collection#228】

前作「悪魔の招待状(For Those About To Rock (We Salute You))」は1981年に発売され、全米ではじめてアルバムチャート1位を獲得。 その2年後に発売されたのが、このメジャー8作目「FLICK OF THE SWITCH(征服者)」だった。

 

こんな方におすすめ

  • ハード・ロックンロール魂 AC/DC の作品を聴きたい方
  • ボン・スコット時代の楽曲であり、初期のAC/DCが気になる方
  • 初期のAC/DC は日本でそんなに話題にならなかった!って嘘だと思う方
  • AC/DCってバンド名を聞いたことがあるけど聴いたことがない方
  • ブライアン・ジョンソンの前任の楽曲を聴いてみたい方

 

 

Sponsored Link

AC/DC 「FLICK OF THE SWITCH(征服者)」(1983年)

 

まずは、この映像からスタート 「FLICK OF THE SWITCH」 

アルバムタイトル曲

AC/DC - Flick Of The Switch (Official Video)

 

 

アルバム「FLICK OF THE SWITCH(征服者)」あれこれ

このアルバムはAC/DC自身でプロデュースしたアルバムとして知られています。

前作「悪魔の招待状(For Those About To Rock (We Salute You))」のサウンドスタイルよりも「地獄のハイウェイ(Highway To Hell)」のようなシンプルなサウンドを目指した作品。

そういう意味で、AC/DCの原点のようにシンプルでエナジーとパワーで攻めてくる楽曲がこのアルバムで聴くことができます。

 

でも、このアルバム… 
他のAC/DCのアルバムと比較すると、地味な存在なんだろうなぁ・・・。
AC/DCのアルバムと言ったら・・・ と質問されても、このアルバムの事を言う人は少ないかもしれません。。。

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★☆☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :☆☆☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★★

アーティストルックス        :★★★★☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

 

 

視聴コーナー 

 

 

収録曲へのコメント 

1. RISING POWER

このイントロ好きです・・。それにこのテンポ・・・。ゆったりとした感じで最後まで進みます。それがイイんだよ~。AC/DCらしいから。 (もちろんAC/DCのスピードナンバーも好きですけどね。)


2. THIS HOUSE IS ON FIRE

2曲目も同じ感じの楽曲。1曲目よりは音数多いかな。 


3. FLICK OF THE SWITCH

いや~、3曲目で少しテンポアップした感じがイイです。この曲はほんとAC/DC!って感じで好きです。


4. NERVOUS SHAKEDOWN

この曲くらいから、狙ったアルバムの方向性が70年代後半・・・って感じがヒシヒシと伝わってきますね~。この曲もゆったりしていますが、聴けばAC/DC! って感じの曲ですもんね。
 

5. LANDSLIDE

そろそろスピードナンバーが欲しい・・・。って思ってくるタイミングですが、イントロから、そうなるんじゃないか??? と期待大!!!  予想通りスピードナンバーです! 

 

6. GUNS FOR HIRE

この曲はちょっとポップに聴こえますねぇ~。サビはもろAC/DC! マンネリといわれようが、それを求めて聴くのがAC/DCってもんだから!! この曲も好き。

 

7. DEEP IN THE HOLE

この曲の雰囲気もイイね。。。。

 

8. BEDLAM IN BELGIUM

この曲もポップな感じのハードブギーロックンロールって感じで好きです。そういえば、当時、ボーカルがアメリカ南部訛りでもっとねちっこくしたら、サザンロックに似ているかも・・・と思っていたり。。。、

 

9. BADLANDS

この曲もイイ感じのギターリフで好きです。ヤング兄弟のギターって、病みつきになる感じですね。

 

10. BRAIN SHAKE

ラストはノリのいい曲で終わりましょう!! って感じのイイ感じのスピード感でパワー感も感じる楽曲です。

 

 

久しぶりの AC/DC 「FLICK OF THE SWITCH(征服者)」でしたが、忘れていた曲も多かったのは、あまり聴いていなかったからだろう。 でもアルバムとして、好きなアルバムです。

 

 

 

映像で楽しむ  AC/DC 「HIGH VOLTAGE」 

 

なぜか、このアルバムのオフィシャルビデオですが、リハーサルスタジオで収録され、数曲がオフィシャルビデオ化されたようです。

なので、どのビデオも曲は違えど、代り映えがしない・・・・。

 

それでは・・・観てみましょう。

 

アルバム4曲目 

AC/DC - Nervous Shakedown (Official Video) 

 

 

リハーサル

AC/DC - Guns for Hire (Band rehearsals, Los Angeles, October 1983)

 

 

1983年のライヴ映像もあるよ!

AC/DC - Guns for Hire (Joe Louis Arena, Detroit MI, November 1983)

 

 

同じく1983年のヒューストンでのライヴ映像。

AC/DC - Guns for Hire (Live at Houston Summit, October 1983)

 

 

さらに同じく1983年、ヒューストンでのライブからアルバムタイトル曲をどうぞ!

AC/DC - Flick of the Switch (Live at Houston Summit, October 1983)

 

『FLICK OF THE SWITCH』の楽曲だと、曲が限られます・・・。

それでも、全米アルバムチャート1位を獲得した後のアルバムなので、ライブ会場は大きなところが多いです。

 

 

あとがき

AC/DCのアルバムは70年代のものを好んで聴いていたこともあって、80年代のアルバムは、たまぁ~に聴く程度だった。

もちろん、80年代の楽曲自体は車の中でオムニバス形式でダビングしたテープやMDで聴いていたので、覚えている楽曲も多いんですけどね。

 

まぁ、このアルバム「FLICK OF THE SWITCH(征服者)」は他のアルバムと比較するとマイナーなイメージだ強いアルバムですが、今回、改めて聴くといいアルバムだと思いました。

 

AC/DC 公式グッズはここでお求め頂けます!

 

 

ではでは、最後に・・・ 

今回ご紹介したアルバム『FLICK OF THE SWITCH(征服者)』のアルバム1曲目「RISING POWER」をバンド名にしたAC/DC トリビュートバンドの映像をどうぞ・・・。

まぁ、演奏曲は今回の紹介アルバム「FLICK OF THE SWITCH」とは関係なく、「 If You Want Blood (You Got It)」です。

Rising Power - AC DC cover If You Want Blood (You Got It)

 

 

 

今回は 「FLICK OF THE SWITCH(征服者)」(1983年) アルバム・レビューでした。

アナログ盤もあるよ

 

 

それでは・・・またねぇ~。 

 

www.tomo-zy.com

 

www.tomo-zy.com

 

www.tomo-zy.com

 

www.tomo-zy.com