ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

DAVID LEE ROTH「CRAZY FROM THE HEAT」(1985年)EP盤・レビュー【Collection#50】

VAN HALEN 脱退後、初のEP盤発表。アメリカンポピュラーミュージックを明るく楽しく表現するエンターテイナー、デイヴィッド・リー・ロスのソロ活動開始! 

 

目次

 

こんな方におすすめ

・歌唱力なんて気にしない!元気になれればそれでよし!の方
・アメリカ文化の音楽好きな方。
・ジャンルとか別に拘らないし、楽しければそれでよしの方。

 

スポンサーリンク

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★☆

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★☆☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :★★☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★☆☆☆

アーティストルックス        :★★★★☆

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

 

試聴コーナー 

 

収録曲へのコメント 

1.EASY STREET

1曲目から渋い感じで始まります。エドガー・ウィンター・グループの楽曲。
1974年の作品のカヴァー曲ですが、エドガー・ウィンター自身もサックス、キーボードで本EPに参加しています! 渋いの一言に尽きます! デイヴィッド・リー・ロスも楽しそうにシャウトしています! たまに笑い声も入っていますけどね。

2.JUST A GIGOLO ~ I AIN'T GOT NOBODY 

おや!? デイヴィッド・リー・ロスって結構、歌上手いのか!?と思った曲。
メドレー形式で攻めてきます。 楽しそう!! 聴いているこっちも楽しくなってきます! このEPの中で一番好き!


3.CALIFORNIA GIRLS

楽しそうなプロモーションビデオも記憶に新しいが、
DAVID LEE ROTH(デイヴィッド・リー・ロス)楽しそうで何より!
この曲のバックコーラスはクリストファー・クロス、カールウィルソンが参加しています!

4.COCONUT GROVE

ちょっと落ち着いた曲で、ちょっと暗い。なんとなく、聴きながら寝落ちしそうな感じです。

 

 

 

DAVID LEE ROTH(デイヴィッド・リー・ロス)について

1985年にVAN HALENを脱退し、ソロに転向。
詳しくはこちらの記事を!

 

www.tomo-zy.com

 

VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)時代について

1978年 VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)のヴォーカリストとしてデビュー。
詳しくはこちらの記事を!


www.tomo-zy.com

 

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

DAVID LEE ROTH(デイヴィッド・リー・ロス)のソロEP盤を聴いて、DAVID LEE ROTH(デイヴィッド・リー・ロス)には興味が沸きました。



1stフルアルバム「EAT ’EM AND SMILE」のレビューの時にコメントしていますが、当時はハード・ロック/ヘヴィメタルに興味が行っていた時期でもありました。

しかし、このEPを聴いて、中学生の頃に、はじめてレコードプレイヤーが我が家にやってきた頃を思い出しましたね。
結構、ジャンル関係なく、レンタルレコード借りてたことなど・・・。

そして、あれ? DAVID LEE ROTH(デイヴィッド・リー・ロス)って歌うまいのか!? とも思いましたね。

4曲(1曲はMedley形式)とも、様になっている!! カッコイイと素直に思いました。

楽しそうだしね。

更に、このEPのおかげか? どうか? わかりませんが・・・

カッコイイの範囲は拡がりましたね! 確実に。
(戻った?というのが正解か!?


でもでも、その後も
長髪/派手目なルックス、キャッチーなロックンロールを演奏されたら・・一発でファンになる傾向は変わりませんでしたが。。。

 

スポンサーリンク

 

 

あとがき

 続けざまにDAVID LEE ROTH(デイヴィッド・リー・ロス)2連続って芸がないなぁ~と思いながらも記事にしてしまいました!

これからも私自身の音楽コレクションを中心に「コレ 懐かしい!」、「コレ いいじゃん!」と思うものをランダムに紹介していきます。