ナツカシ E じゃん!

「コレ 懐かしい!!」や「コレ いいじゃん!!」を綴るブログ。(音楽/映画/モノ/遊び/場所etc)

GENERATION X「VALLEY OF THE DOOLS」(1979年)アルバム・レビュー【Collection#65】

ただのパンクアイドルではなかった!? 5分を超える楽曲の収録やMedley形式の綺麗な楽曲まで収録しちゃう欲張りな、パンキッシュなロックンロールバンドの2ndアルバム!

こんな方におすすめ

  • 勢いもあって、ポップセンスもあるロックバンドに興味がある方
  • BILLY IDOL (ビリー・アイドル) の英国時代のバンドに興味がある方
  • 70年代英国パンクロックシーン最後のアイドルに興味がある方
  • プロデューサーはIan Hunter(イアン・ハンター)と聞いて、興味が沸く方


スポンサーリンク
 

 

目次

 

TOMOZY(トモジー)のアルバム評価(MAX ★5)

総合満足度             :★★★★★

ノリノリ楽曲収録評価        :★★★★☆
キャッチー楽曲収録評価       :★★★★☆
泣ける/落ち着く楽曲収録評価      :★☆☆☆☆
イージーリスニング評価       :★★☆☆☆
ライブパフォーマンス脳内想像評価  :★★★★☆

アーティストルックス        :★★★★★

※ROCK/POPSが 好きな私の個人的評価です。 
脳内LVEパフォーマンス想像評価が高ければ、イージーリスニング評価は低くなる傾向になります。

また、アーティストルックスは雑誌やWEB、LIVEなどで観た 見た目に対して、個人的趣向を思いっきり反映させています。 

試聴コーナー

 

収録曲へのコメント 

1.RUNNING WITH THE BOSS SOUND

ミドルテンポのパンクロック。しかし、曲は5分を超える大作となっています。1stよりも曲展開やコーラスが凝っています。 しっかりとギターソロ入れてきます!見せ所満載の1曲です。

2.NIGHT OF THE CADILLACS

初期の GENERATION X っぽい! と思う曲。 パンキッシュなロックンロールバンドが演奏しそうな楽曲。結構好きな曲。やはり、かすかに聴こえるコーラスは洗練されています。Ian Hunter(イアン・ハンター)のプロデュースが効いているのか!?

3.PARADISE WEST

綺麗なイントロから始まる曲。どことなくMOTT THE HOOPLEを思い出してしまうのは、プロデューサーが Ian Hunter(イアン・ハンター)と知っているからか!? しかもオルガンまで入れてきます! この曲も5分を超える大作である。綺麗な曲で好きな曲です。

4.FRIDAYS ANGELS

GENERATION X らしい、ポップなロックソング。リフレインされるタイトルが頭から離れません! ミドルテンポですが、グリッターロックを彷彿させる楽曲。軽い感じがたまりません! 単調ですが、好きな曲です。

5.KING ROCKER

全英シングルチャート11位となった GENERATION X の代表曲のひとつである曲。最もチャート順位が高いのは「Ready Steady Go」じゃないんだ!と思った方もいるでしょう。

6.VALLEY OF THE DOLLS

このイントロ、結構真似したバンドも多い事でしょう・・。そして、気怠そうなバックコーラスもいい味出してくれています。この曲も知らず知らずのうちに口ずさんでしまう曲です。

7.ENGLISH DREAM

このイントロも綺麗な感じから、歪んだギターに移りますが、全体的に聴きやすい感じです。リズム隊のフレーズもギターフレーズもポップです! ノリ自体がポップという感じでしょかね。結構好きな曲です。途中、歪が激しいギターも加わりますが、嫌な感じは全くしません!メロディ自体もポップだしね。好きな曲です!

8.LOVE LIKE FIRE

全体的にドラムはパンクぽい。また、間奏のギターソロあたりはパンクっぽい。でもどこか違うと思うのはメロディのせいかもしれません。結構、ライブっぽい終わり方がカッコいい曲です。

9.THE PRIME OF KENNY SILVERS(Part ONE)

あらら、この曲も綺麗なサウンドの曲なんですね!アコースティックギターの音色も落ち着きます!こういう曲を演奏してくれちゃうから、GENERATION X が 好きです!
ちなみに、次の10曲目とのmedleyになっています。私のCDでは基本的に次の曲にスキップすると1曲目になります・・・。

10.THE PRIME OF KENNY SILVERS(Part TWO)

ちなみにPart ONEとの境目は、なんとなく曲の感じが変わったのがわかりますので、その辺りが、Part ONEの終わりなのか?Part TWOの始まりなのか? クロスオーバーしている感じですね。Part TWOもPart ONE同様に、落ち着いた綺麗な楽曲です。少しだけ、BILLY IDOL (ビリー・アイドル)の歌い方に力強さを感じるところが出てくるくらいでしょうか・・。ラストはフェードアウトしていきます。

 

GENERATION X の メンバー

Vo:Billy Idol(ビリーアイドル)
G:Bob Andrews(ボブ・アンドリュース)
Ba:Tony James(トニー・ジェイムス)
Ds:Mark Laff(マーク・ラフ)


このアルバムはパンキッシュなロックンロールバンドのアルバムである!

 

 

 

GENERATION X の音楽性や活動について この記事も読んでおこう!


www.tomo-zy.com

 

 

【あわせて読みたい】アメリカに渡ったビリーアイドルに関する記事


www.tomo-zy.com

  

 

TOMOZY(トモジー)のアルバムにまつわる個人的な想い出

1stアルバムもパンキッシュなスピード感が好きでしたが、この2ndアルバムの登場で GENERATION X というバンドをかなり好きになりました!

メンバー全体的なイメージもカッコ良かったですしね。

リアルタイムではなかったのですが、我が家にレコードプレーヤーが来る前にはカセットテープで1stも2ndも持っていました。

中学生の時、友人の伝手で録音してもらいましたので。
他にもいくつかのバンドをカセットテープに録音してもらった記憶があります。

KISSとか・・・あとは忘れてしまいました。。

結構、高校生になっても友人の伝手でカセットテープに録音して聴いたバンドは結構ありましたね・・。


学生時代は、お小遣いにも限りがありますので、友人同士でアルバムの貸し借りもよくしていましたね。

あとは、60分カセットテープや90分カセットテープに、お気に入りの楽曲をランダムに入れて貸し借りしたり! 「MY BEST」とか言って・・・。懐かしい!!
※120分テープは、テープが伸びやすいとか、言われていた!?から使わなかった。

それから、月日は流れ、社会人になって、自分で使えるお金が増えると・・
大人買いして、いろいろ、集めてしまうんですよねぇ~・・。困ったものだ・・。

皆さんも好きな音楽やアーティストに出会ったりしたら・・・LPとかCDとかDVDとか雑誌とか書籍とかも集めたりしたことあるんじゃないでしょうかね?


そういえば、1stアルバムの「GENERATION X」紹介記事に書いた日本盤の アルバム「GENERATION X」行方不明の件ですが、

日本盤はまだ、見つかっていません。 しかし、再発英国版が見つかりました! 
ちょっとジャケットがカッコ悪い奴・・。
まぁ、日本盤もいつか出てくるかもしれない ・・・ 。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

音楽の聴き方というか集め方というのでしょうか・・・。

今だと、サブスクリプションでの音楽サービスで聴き放題もありますよね?
また、LPとかCDじゃなく、ダウンロードして集めたり。
音楽の聴き方や集め方も変わって来ているんだよなぁ~。

サブスクリプションでの音楽サービスでは、趣向に合わせて、選曲してくれて、知らないアーティストや楽曲も知ることができる。

そういうところは、素晴らしい音楽の聴き方ですよね!

でも、聴き放題だけど、自分のモノ(データ)じゃない・・。

自分の所有データにしたければ、購入するしかないのは変わらないのかぁ・・・!

でも、ジャケットやライナーノーツも思い出の一つなんだよなぁ~。

とか言いながら、我が家にある大量の音楽CDの紹介が終わるまでは、新しいCDを購入するつもりはないんだけれど・・・

好きなアーティストの新譜(旧譜でも聴いたことないもの)は聴きたい! って思うんですよね! 

新譜、新曲もCDで発売されたり、データ配信だけとか。。 聴き放題にはなってなかったり・・。

いろいろな発表方法で売り手側も挑んでくるので、聴き手側の私も、音楽の聴き方(集め方)を選択しながら、楽しもうと思います。

ん? 私は なんの 宣言してるんだ!?


これからも私自身の音楽コレクションを中心に「コレ 懐かしい!」、「コレ いいじゃん!」と思うものをランダムに紹介していきます。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。